【教えて】カードローン基本からで教えて貰いたい

Q.カードローン基本からで教えてもらいたいです。そもそも、カードローンをする場合にはどのような対応があるのでしょうか?業者によっては対応が違ってくるのでしょうか?わかりやすい説明で初歩的なところからでアドバイスをいただけると助かります。

A.初歩的なところからのアドバイスで対応させて頂きますね。まず、カードローンについては成人されている人であれば、特に問題なく契約を交わせるようになっています。また、契約においては収入の有り無しについては無関係でもありますので、こちらについてはしっかりと記憶されておいたほうが良かったりもしますね。最近では、低収入であってもOKですし、他の人が支払の代役を務めるような形でもカードローンをすることが可能になっているからです。

次に実際の契約ですが、「嘘の情報」だけは間違っても記入しないようにしましょう。例えば、30万円ほどクレジットカードのローンがあるのに、他社からの借入れで0円とするなどは禁止となっています。良識を問われるところでもありますので、10万円単位で記入されるようにしておくと良いです。次に、家族構成ですが年齢などについては正確に把握しておくようにしましょう。

今までに契約などで使われた情報があるのであれば、その契約書をコピーするなどしてカードローンに役立てると良いです。最後に、カードローンの契約時には本人確認などがありますが、あまり緊張されなくても良いです。今では、電話確認についても簡単な内容で終わりますし、金融業者からの電話であってもサービス会社からの電話などで行うようになっておりますので、借金されていることについては滅多にばれないようにもなっているからです。

まずはカードローン基本をよくわかった上で申し込みしよう

あなたはカードローン基本をよくわかっているでしょか。実際に利用している人でもじつは知らなかったということも多いのが、カードローン基本です。ですから、実際に知らないということがないように、カードローン基本を学んでおくといいと思います。

まずひとつ、最近はネットローンもカードローンも同じようなカテゴリになっているということです。ネットローンもカードローンも基本的には同じというか、同じように使うことができるのです。有名消費者金融でも銀行系カードローンでも、どちらかしかできないということはもうなくなっていますから、ネットローンをしたい時もカードローンを借りたいという場合も、一つで間に合うようになっています。

またカードローン基本として抑えておきたいのが法律とルールです。貸金業法に基づいている消費者金融と、銀行法に基づいている銀行系カードローンではぜんぜん違うということ、そして貸金業法には総量規制があって、これは消費者金融にだけ適用されるということです。またクレジットカードにあるキャッシング枠というのも、この貸金業法に基づいているので総量規制の対象になります。

それともう一つ覚えておいたほうがいいカードローン基本は金利でしょう。金利の上限というのは20%までというように決まっています。ただし20%というのは10万円未満の借り入れをするときであって、それ以上の借入であれば18%がマックスとなっています。仮に50万円を借りた場合、年間の金利はおよそ9万円というようになっています。

他にも手数料が取られるATMと取られないATMがあることや、必ずしもコンビニですべてのカードローンが使えるわけではないなどの常識があります。これらいくつかのカードローン基本を覚えて置かなければ借入をした時にソンをすることになるので覚えておきましょう。

カードローン基本は覚えておけば得をするものではありませんが、損を防いでくれるものです。特に金利などは知らなければ騙してくる業者も中にはいますので、その対抗策としてしっかりと知識をみにつけておくことは大変重要なことではないでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.