カードローンはデメリットを鑑みるもの?

キャッシングベスト3

【ご質問】カードローンはデメリットを鑑みる方が正しいの?

Q.カードローンで質問です。カードローンのデメリットを鑑みたいのですが、主にどのようなものがピックアップできるのでしょうか?業者によっては、大きな差があるのかについても知りたいです。

A.質問者様の想定されているデメリットの範囲にもよりますが、昨今ではカードローンも変わってきているので、デメリットについても昔とは違っています。まず、カードローンというと誰であっても金利は外せませんよね。ですが、今では金利そのものが改正されておりますので、そもそも金利には上限が明確に決まっているのです。昔は、サラリーマン金融で有名となっていましたが、グレーゾーンとされているものがありました。

こちらをデメリットを鑑みる範囲として定めるのであれば、今ではそのようなデメリットはありません。サラリーマン金融全体でも、金利については14.0~18.0%となっておりますので、昔のようなグレーゾーンはないのです。また、デメリットを鑑みる場合には借入れのトラブルなどもあるかと思います。しかし、こちらについても殆どなくなっている・・・というのが現状となっていますよ。

例えば、トラブルというと過払い金請求がありましたが、今ではサラリーマン金融なども銀行と提携するようになっておりますので、返却などの対応はされていますし一部のみの返還にしか応じないというのは過去の話です。審査についても、即日~となっており昔のように2週間以上待たされるような審査もありません。これらを加味してデメリットを鑑みるようにしてみると、業者によっては金利に若干の違いがあるくらいでしょう。

デメリットを鑑みるとやはり消費者金融は使わないべきか

物事は一面的に見てしまうと何事も見誤ってしまうと言われています。裏もあれば表もあるというように、少なくとも二面性を持っています。どういうものでも見方を変えることで「こういうこともあるんだな」というのに気づきます。悪い、良くないと思っていたものも見方次第では仕方ない部分も見つかったりするでしょう。

さてその物事の二面性で一番多いのはメリット・デメリットの問題だと思います。どういうものでもメリット・デメリットはあります。例えば水は水分補給が命には必須ですが、あまりのたくさん飲み過ぎてしまうと、死んでしまったり水中毒という病気になってしまうというような事例もあります。デメリットも鑑みて、ちゃんと適切な量を飲むことが重要です。

これは消費者金融の世界でも同じことが言えるでしょう。消費者金融というのはデメリットを鑑みると使わないほうがいいとよく言われています。しかしよくよく考えてみるとメリットもたくさんあるのが消費者金融です。借り入れをすることによって助けられることもあれば、生活が楽になるとういこともあります。急な出費を助けてくれるという効果もあるでしょう。

だからこそ消費者金融はデメリットを鑑みて、使わないほうがいいとは一概にいえないのです。もちろんデメリットがまったくないというわけではありませんどうしても借入を多くしてしまう人はそれが原因で多重債務になってしまうでしょうし、多重債務になればそれで人生を損してしまうわけで借入のメリットなど吹き飛んでしまいます。ですからメリットもそうですし、デメリットを鑑みる必要もあります。

両方を見たところで自分にとってどうなのか?を考えるのが一番重要かと思います。自分にとって必要だと思えば使えばいいだけですし、自分にとって不必要なのであれば使わなければいいだけです。そんなに借入を恨んでいる人であれば使わないほうがいいですけれども、実際には悪いものではありませんから。

消費者金融だけでなく銀行家カードローンもありますし、メリットとデメリットを良く考えて自分に必要かどうかというのも見た上で、使うか使わないかを決めるといいんではないでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.