【教えて】すぐにお金が必要な場合のローンの仕方を教えて下さい

Q.すぐにお金が必要な状況です。なので、すぐに借入れができるのであれば金利が高くとも問題ありませんので、とにかく借入れが素早い業者を教えて下さい。実際に、そのような業者を利用したことがある場合、どれほどの時間で借りられたのかについても教えて頂けると助かります。

A.質問者様と全く同じ状況でサラリーマン金融のプロミスを利用したことがあります。今では、若者であっても即日からで借りられると有名なサラリーマン金融ですが、実際に申し込んでみると2時間以内で審査が終了し連絡がきました。申し込む際にはネット申請を利用していたのですが、こちらについては若干問題があるかと思ってもいましたが、そうでもありませんでしたのでオススメです。

また、今では都市銀行を始めとして提携先ATMも増えています。メリットはやはり、すぐに借りられるだけでなく、提携先ATMが多い点でしょう。プロミス以外でもスピード審査をしているところはありますが、プロミスのようにすぐに借りられるだけで、カード利用については「サラリーマン金融のATMが設置されている店舗」のみとなっているかです。このようなメリットについても忘れずに、サラリーマン金融を選ばれると良いでしょう。

プロミス以外をご希望であればレイクでも問題ありません。同条件に等しいのですが、レイクの場合には審査が若干遅かった経験がありますので、質問者様の場合にはプロミスが理想となります。ただ、融資される金額についても譲歩してくれたのはレイクでした。私の場合、プロミスで30万円、レイクでは40万円でキャッシングローンの契約をしています。

人生どこかで必ずすぐにお金が必要な時がやってくる

「今まで全く急にお金が必要になったことなんてないから、絶対に消費者金融とか銀行系カードローンとかって必要ないと思うんだよね」そういう若い人も多いでしょう。いざというときにすぐにお金が必要な時というのはなかなか人生を生きている上ではやってくるものではありません。やってこないこともありますし、やって来ることもあります。

すぐにお金が必要なときに消費者金融や銀行系カードローンというのは絶対に使えるものです。1日2日くらいの余裕があれば特に便利で使いやすいでしょうが、最近では即日融資をしてくれるものも増えているので、それを利用するのも悪くはないと思います。ただ、即日融資をしてくれる可能性があるというわけであって、借入が確実ではないというのは覚えておきましょう。真夜中は対応してくれませんしね。

では人生を生きている上ですぐにお金が必要なときというのはどういう時でしょうか。典型的なのが病気です。自分やパートナー、子供が病気になってしまった時にはお金が必要になります。働いていればお金は入ってくるでしょうが、病気になって働けなくなればお金は入ってこなくなります。そうなると給料もストップしてしまうでしょう。貯金があればいいですが、足りなければ消費者金融やキャッシングが必須です。

他にもよくある例としては冠婚葬祭でお金が必要な場合です。冠婚葬祭費というのも日本人として生きている上では必要なものですが、この冠婚葬祭で急に結婚式に呼ばれてしまうであるとか、月に2つも3つも結婚式が重なってしまうという時には、大量にお祝いのお金を出さなければなりません。そうなると、キャッシングやカードローンを使うことになるでしょう。

もちろん冠婚葬祭では葬式などについても同じことが言えるでしょう。葬式を執り行うのも参加するのもお金が必要です。すぐにお金が必要な場合が給料日後とは限りませんから、金欠の時には銀行系カードローンをすぐに使えるようにしておくというのも重要かと思います。人生80年と言われていますが、それだけ長い間を生きていれば必ず急な出費はあるものです。

だから今も消費者金融は支持され使われているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.