遅延金を支払わなくてカードローン通ったなんてことはあるの?

カードローンの審査で、遅延金を払わずにブラック入りした人が通ることってありえるのでしょうか?私は以前ブラックになってしまった過去があり、カードローンはしばらく諦めていましたが、もし通る可能性があるなら、再び利用できるようにしておきたいなと考えています。いかがでしょうか?

ブラックでも通る可能性があるカードローンはあります

ブラックでも通る可能性があるカードローンはありますよ。ブラックとは、信用情報機関に「延滞」などのマイナスイメージの評価を登録されてしまうことを言います。そして、信用情報機関はひとつではありません。複数社で成り立っており、カード会社はそれぞれ、これらの信用情報機関の中から、一つまたは複数のいずれかに加盟します。

あなたがブラック登録されてしまった信用情報機関を調べれば、すぐにどのカード会社なら審査に通る可能性があるかどうかをチェックできるようになります。まずは以前に利用していたカード会社に連絡して、指定信用情報機関を調べてみましょう。

次に、申し込みをしようと考えているカード会社を確認します。そのカード会社の指定信用情報機関が、あなたがブラック登録されている機関ではないかどうかを見ます。今回の場合は、ホームページでもかんたんにチェックできることも多いです。主にカード会社ホームページの規約欄から、指定信用情報機関を知ることができます。これが合致していなければ、あなたはそのカード会社において居場所があるということになります。

ですから、ブラックに登録された過去があるにしても、諦めずに審査を受けて見るというのも一つの手です。もしくはあらかじめ電話連絡やメール、問い合わせフォームにて指定信用情報機関について詳しくチェックさせてもらっておけば、審査前から落ちるとわかりきっているカード会社に下手に申し込みをするといったことを防ぐことができます。

他者借入の返済分を支払わなくてカードローン通った

カードローン業者は今軒並み審査の厳しさを簡単にしています。そのため今の状況であれば銀行のカードローンであっても昔よりは比較的簡単に融資を受けることができます。具体的には他社借り入れが少しばかりあったとしてその返済分について支払わなくてカードローン通ったということも起こりえます。このような現象が起こったのには勿論原因があります。
まず昔からこのような状態であったわけではありません。昔は銀行のカードローンというのは低金利でしかも消費者金融のように過酷な取り立てを行いませんし、業務も安定しているので非常に人気がありました。さらに銀行は大企業であるために無担保の方に貸して細かくその返済の状況について調査していくことは困難だったために、それほどカードローンに積極的ではありませんでした。

そのためその審査に通ることは難しくなっておりましたが、現在は状況が全く変わりました。2010年ごろに行われた貸金業法の改正では総量規制という規定が盛り込まれました。その規制は消費者金融は年収の3分の一までしか融資してはいけないという内容のもので、これにより年収のない人に融資を行うことはできなくなりました。この規制は消費者金融にしか影響しないので銀行は無関係と思うかもしれませんが、消費者金融が弱体化してくると、銀行のカードローンが影響力を伸ばしてくることになり、その結果お互いがお客を取り合う状況になりました。

そのため銀行のカードローンでもその申し込み条件を簡単にして、その審査を簡単にしなければお客を誘引することが難しくなってきているのです。そのために銀行は審査を簡単にしていますので、他社からの借り入れがいくらかあったとしても、年収や勤務先の安定があれば、審査に通すということも考えられるのです。また銀行によっては審査のノウハウを持っているなどの理由に基づいて、消費者金融に借主の審査を任せている場合が多いのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.