カードローンの審査に通りやすい人ってどんな人なの?

カードローンの審査に通りやすい人っているの?私もカードローンを利用したいと思っているんだけど、はじめて審査を受けるから、ちょっと不安で。アルバイト生活で収入は多くないけど、大丈夫かな?

収入の安定性が高い人が審査に通りやすくなります

カードローンの審査をはじめて受けるんじゃな。最初はどうしても不安も多いじゃろう。しかし心配することはないぞ。審査についてのあれこれを、簡単に説明しよう。

まず質問に答えると、審査に通り安い人とは、「収入の安定性が高い人」じゃ。あくまでも収入が高い人でなく、収入の安定性が高い、というところがミソじゃ。一時的な収入が高く、年収が高くても、毎月の安定性がないような人であれば、審査の際にやや不利に評価されてしまう。逆に収入自体は少なくても安定性が高い人は、審査の際に有利に評価されることが多いのじゃ。

これは職業によっても影響してくるぞ。フリーランスなど自営業や、流行に左右されやすく安定性が低いと判断される飲食業などは、やや不利になってしまう。それに対し、公務員や歴史の長い大企業などは、当然有利になる。会社が潰れるといったリスクが低いから安心、というわけじゃな。

カードローンには銀行系のものと、消費者金融系のものとがある。アルバイトなどで低所得の人は、後者が有利になるじゃろう。銀行系カードローンはどちらかというと高所得者向けのカードローンといった面が強い。それに対し消費者金融系のものは低所得者をメインターゲットにしているため、審査の敷居が低めに設定されているのじゃ。

収入が低い分、借入限度額を高く設定することは難しいが、審査に通る事自体は簡単な場合が多い。限度額を上げていくには、たくさん借り入れをし、きっちりと返済していくことで可能となる。ある程度利用したあとに、限度額変更申請をすればよいのじゃ。うまく利用できていれば、カード会社から限度額引き上げの誘いがくることもあるぞ。消費者金融系カードローンの場合は、年収の三分の一までは上げることができる。

カードローンに通りやすい人はどんな人?その条件とは?

カードローンは誰でもというわけではなく、審査に通過した人のみが利用できるものです。例えば、申込者の年収、勤続年数、居住年数、仕事などが調べられ、融資したお金をきちんと返済してもらえるかチェックされるのです。では、審査に通りやすい人とはどういう人か具体的にみていきます。

カードローンの審査で最も重要なのは、やはり返済能力があるかどうかということです。「絶対に返済するから!」と意気込んでも返済能力が実際ないのでは、到底返すことができません。ですので、一定の収入、安定した収入がないと審査に通りません。年収は低くても、毎月一定の収入を得ることができているのであれば、審査に通りやすくなります。また、賃貸マンションやアパートに住んでいる年数の長さというのも重要視されます。居住年数は「安定した収入」ということ関係があり、長くひとつの所に住めるということは、安定した収入を得ているという考え方ができるわけです。もしも、引越し予定があるならば、借入してからにした方が良いでしょう。

また、カードローンの審査には在籍確認もされます。利用の際には、申込みで自分が勤めている会社名を記載しますが、実際勤めているのか確認の意味でカード会社の担当者が電話をかけてきます。ですが、電話がかかってきて自分がカードローンを申し込んだことがばれることはないので安心してくださいね。その点はカード会社も考慮して個人名を使って電話してきますから。審査に通りやすい条件はまだまだありますが、その一つは過去の利用履歴です。過去5~10年間に借入すると履歴が残り、さらに毎月の返済が遅れていたりした時期があれば、それがマイナスポイントとなり、審査に通りにくくなります。逆に言うならば、過去に借入の履歴がない人は通りやすいといえます。カードローンの審査にかかる時間は、業者によって違いはありますが、早いところではわずか1時間ほどですべて済むところがあります。審査がスピーディなので、審査に通った申込者にはすぐに融資してもらえますよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.