意外に通るカードローンってあったりするもの?

カードローンを使ってみようかと思ってるんだ!でも大学を卒業してからというもの、アルバイト生活して暮らしているんだけど、こんな僕でも審査に通るかな?意外に通りやすいカードローンなんてあったりするもの?

意外に通りやすいカード会社はあるかもしれません

カードローンの審査は、それぞれカード会社によって違います。同じカード会社の中でも、プランによっては通りやすい人、通りにくい人が違ってくる場合があります。

たとえば個人営業主の場合、用途自由のカードローンでは審査においてやや不利になる場合が多いのです。個人事業は、将来性において信用の度合いを測りづらいためです。基本的には用途が自由となっていても、事業用での借り入れは禁止しているカード会社も少なくありません。

ですが逆に、個人事業主向けカードローンというものがあれば、それは全く逆になってきます。事業用途で利用するのを目的に作られたカードローンなので、自由に利用することができます。個人事業主に向けているため、当然、審査において「個人営業主」の属性が不利に働くこともありません。

レディースローンというものもあります。主婦を中心として、女性は男性に比べてやや収入面において不利な場合が多いですが、このレディースローンの中には、審査段階から女性を優遇する目的で作られているものもあります。女性スタッフがすべて担当し、女性にとって安心のカードローンになっています。

一般的に審査が厳しいと言われている銀行系カードローンでも、学生やアルバイト向けに審査基準を落としているものもあるようです。その場合、借入限度額は高く設定できませんが、それでも低い利率でキャッシングができるようになっています。やがて就職し、収入が増えてくれば、そこから順に限度額を増額していくこともできます。

ですから、はじめから諦めずに、ダメ元でも審査を受けて見ることは有効な手段です。なるべくなら、少しでも有利になるカードローンを選びたいですよね。是非ともチャレンジしてみてください。

無職やパートでも意外に通るカードローン

無職でもパートお金を借りることが出来ます。それは無職やパートでも意外に通るカードローンです。カードローンの審査は、他の融資形態よりも、比較的審査が優しいために、職業が無くても借りやすいことが特徴なのです。しかし無職やパートでもどちらの場合においても大切になることが、勤続年数です。審査においてはこの勤続年数が重視されます。特に無職の場合には、安定した収入があるかどうかの判断が難しくなるために、収入よりもこの勤続年数が重視される傾向があります。

しかしそれほど心配をする必要はありません。勤続年数が重視されるとはいってもそれほど重要ではなく、カードローンの場合は収入があるかどうかだけが大切になります。そのため審査が比較的優しいとはいっても、アルバイトやパートなどを行っておらず、収入が無い場合には、審査は厳しいものとなります。無職やパートの場合には、審査においては在籍確認が大切になります。年収よりもちゃんと仕事をしているかどうかが大切になるために、在籍確認をしてちゃんと勤務先に所属しているかの確認が大切になるのです。

在籍確認ではアルバイト先やパート先に借りたい会社から電話がかかることになります。電話を行うことにより、簡単に在籍確認を行うことが出来るのです。在籍確認を行わない場合には、年収などを証明する書類を窓口に持っていかなければなりません。これは働き始めたばかりのアルバイトやパートの場合には、年収を証明する書類が無いために、借りることが難しくなってしまいます。そのような場合に、簡単に安定した収入があることを証明することのできる在籍確認が有効的なのです。また電話をするときには金融機関ということは名乗ることは無いので、在籍確認により、カードローンを利用することがばれることはありません。このようにアルバイトやパートでもカードローンの審査は意外に通りやすいのです。また一社だけに絞らず複数社に審査を申し込むこともポイントです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.