カードローンで嘘をついて審査に通過することってできますよね…

カードローンの審査って、嘘をついても通りますよね?だって、そこまで詳しく調べられるわけでもなさそうだし、実際のところどうなの?

カードローンの審査で嘘をつくのは絶対にやめましょう

カードローンの審査を受けようと思っておるのかな?それならば、審査を受ける時に嘘をつくことは絶対にやめるんじゃ。万が一その事がバレてしまった場合、その人は申し込みブラックに登録されてしまう可能性が非常に高く、他のカードローンの審査に通ることも非常に困難な状況になり得る。そうならない為にも、正々堂々と審査を受けなければならん。嘘をついてまで借り入れをしても、絶対に良いことにはならないじゃろう。

まず、カード会社は信用情報機関というものでお互いに顧客情報のやり取りをしていることは知っておるじゃろうか?これは利用者情報だけでなく、申し込みした人の情報もやり取りされているのじゃ。審査の複数同時申し込みが駄目だと言われる理由もこれと同様じゃな。申し込みをしている時点で、リアルタイムにその情報がやり取りされるため、嘘をついているかどうか、すぐにバレてしまう。

事実の加工をしてまでお金が必要なんだな、どうしても急用でお金が必要なんだななどと、同情してくれるようなカード会社は絶対にない。相手は会社じゃ。会社全体を守る義務がある。お金を貸して、帰ってこない見込みのある人間に、かんたんにお金を貸すはずはないじゃろう。金銭的に厳しい状況の人、嘘をつく人、これらは、お金が帰ってこない可能性が高い人とどうしても判断されてしまうのじゃ。

どうしても借り入れをしなければならないような状況であっても、嘘はいかん。収入が少なくても通るカードローンもあるし、諦めずにいろいろと挑戦してみよう。
(⇒審査に通りやすい銀行カードローン

カードローン嘘の申告で審査は通過するかどうか

キャッシングカードローンの申込みで、嘘の申告をして審査通過するかどうかについてですが、一番つく虚偽の申告としては借金があるのにないといってしまうことです。世間的には借金することは悪で、ないほうがいいという風潮がありますが、カードローン会社にとっては、借りすぎということも問題なのですが多少あったほうがいいのです。なぜかというと、これまで借金をまったくしたことがない人は、はじめて借金をしたときに本当に返済期日まできちんと返済をしてくれる人かどうかその判断がつきません。そのため、少額であったとしても毎月コツコツと返済実績のある人のほうが、キャッシングの審査では有利になるのです。(こちらもご参考に→キャッシング審査に通るいい方法

ここで、申込みのときに他社での借り入れ状況を申告しますが、本当は借金があるにもかかわらず過少申告してしまったり、まったくないと虚偽申告したとします。それを確かめるために、信用情報機関に借入申し込み者の信用情報を照会することで、他社での取引件数や借入金額も瞬時にわかります。ここで、申告内容と信用情報に登録されているないようにあまりにも差があると、嘘の申告をしているのかそれともまったく借金の管理ができていない人と判断されてしまうことになります。返済能力ある方に融資は行いますので、このような状況だと融資は難しいことになります。

他には年収です、過大申告をしたとしても収入証明書の提出をしたときに年収がかけはなれていることになります。無職なのに仕事をしていると申告しても、勤務先に在籍確認を行います。在籍確認がとれなければ融資を受けることができません。カードローン契約後にですが、虚偽の事実が発覚してしまって、申込みの時に申告した内容と本来の内容が事実と違う場合は、契約内容により借りしている残高の一括請求されることがあります。そのため、このようなリスクがあるためにキャッシングカードローンの審査の時の申告内容は正確に申告します。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.