銀行カードローン審査で通過できる人ってエリートだけでしょ!

僕にも夢があります。大人になったら銀行カードローンを利用できるように成長しようと考えて生きてきました。ですが、いい歳になってきたので、結婚を前にあわて、バカなことをしてしまわないか不安です。やはり銀行カードローンの審査に通るような人は、将来的にも明るい道が開けているような気がします。

銀行カードローンは、パートアルバイトでも通る可能性あります

なるほど、よくわかるような、わからないような話じゃな。つまり、銀行カードローンを利用したいが、できないのではという不安との戦いの中におるということなのじゃろうか?じゃったら安心するんじゃ。銀行カードローンは、収入が少なくても通る可能性があるものは存在する。たとえ落とされたからといって、わざわざ人生単位でやり直しをするようなことでもないじゃろう。

銀行系カードローンの場合、どうしても安定した収入が必要不可欠である。本人に収入がない場合は、配偶者にある程度の収入がなければならない。それらの項目を審査に通る水準まで引き上げていくのは、なかなか大変なことかもしれん。じゃが、決して無理なレベルではなく、大抵の場合はパートやアルバイト生活をしている人にも利用できるようにできているばずじゃ。

ただし注意しなければならないのは、配偶者に収入があっても、本人に収入があることが必須項目である銀行カードローンもあるということじゃ。銀行カードローンなら総量規制の対象外となるので、法律面ではクリアーしているのじゃが、会社の方針としてはアウトという場合もある。あらかじめ、把握しておこう。

カードローンの審査は、基本的には何度申し込んでも問題はない。同じ時期に複数同時申し込みをすることはよくないが(申し込みブラックにされてしまう可能性がある)、審査後、すこし時間を置けば、違う銀行カードローンに申し込むことは問題にはならない。銀行カードローンの審査に通るためにある程度の努力をしているのであれば、必ずどこかの審査には通るはずなので、諦めずにどんどんチャレンジしていってほしい。

カードローンの契約で消費者金融会社の審査通過できる

カードローンを契約するには、審査通過できることが必須条件となりますが、その審査をどのように通過するかが課題になります。それには、まずどのようなことを基準に審査されるかを考えれば答えを出すことができます。まず、契約する前の申込書には、氏名と生年月日、年齢、職業、住所、年収、独身若しくは既婚者、勤続年数、職場の住所などを記入した申込書が必要になります。このようなことから、確実な身分が確認できるかどうかがまず必要になってきます。それは、提出を受けた身分証明証とも照らし合わせるので、確実にチェックされます。また、この時に年齢も20歳を超えていなければなりません。
(⇒カードローン審査に通れるのはどんな人?

そして、次に職業が非常に大事になります。それは、職業によって安定した収入があるかどうかが非常に重要になってくるからです。この場合正社員でなく、契約社員や派遣社員の場合は、信頼性は低いです。また、職場も大企業など、倒産しないような企業であれば良いですが、名前も聞いたことがないような零細企業は信頼性が低いです。さらに、住所も大事になります。持ち家だと夜逃げする可能性は低いため、信頼性が高くなりますが、借家は夜逃げする可能性も高くなり、信頼性が低くなります。

また、年収は限度額を決める大事な要素になってきます。額もなるべく高いにこしたことはありません。独身か既婚者であるかも重要な要素になります。独身の場合は自分で使えるお金も多いですが、既婚者の場合は家族を養わないといけないために、独身の方が信頼性は高いです。しかし、家族が夫婦のみで、互いに仕事をしている場合は、独身者よりも信頼性が高くなります。それは、契約者が支払えなくても、配偶者が支払うことができるからです。勤続年数も非常に重要なものになります。これにより、この人の会社においての立場を判断することができます。また、長く勤めていれば辞める可能性も低いため、信頼性が高くなります。このようなことを総合的に判断して、審査通過できる対策をとる必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.