銀行カードローンの審査に通る為の必勝法を伝授してください!

銀行カードローンの審査の必勝法を伝授してください!カードローンの審査を受けるのはこれが初めてなので、右も左もわかりません!どのようなことを頭に入れておけばよいでしょうか?

銀行カードローンの審査では信用が第一という基本を守りましょう

銀行カードローンを利用したいとお考えなのですね。審査を受けるのはこれが初めてとのことですが、初めにアドバイスしておかなければならないことは、「銀行カードローンでは、信用が第一」ということです。どういうことか、順を追って説明していきますね。

このことを頭にいれておくのと、いないのとでは、ずいぶんと審査に向けての準備や心構えが違ってくると思います。銀行カードローンにおける信用とは、審査前と後で若干違ってきます。審査を受ける際の信用とは、「収入の安定性」、「収入の多さ」、「どのような職業(属性)か」、「勤続歴の長さ」、などが主に挙げられます。したがって、審査の段階においてもっとも有利なのは、「収入の安定性があり、勤続歴が長く、安定性の高い職業・職場に就いている」ような人であることになります。

収入が高くないと審査に通らないと思われている方も少なくありませんが、そんなことはありません。収入が高いと有利なのは、限度額の設定においてです。収入が高いほど限度額を高く設定することができます。いくら収入が高くても、安定性が認められない場合は、あまり優遇されない場合があります。

勤続歴が長いと、信用性が高いと認められます。転職を繰り返しているような人は、今働いている職業での収入があてにならないため、将来において信用性がないと判断されてしまいます。また、フリーランスや自営業の人も、属性的にはやや不利になってしまうことが多いです。時勢の影響を受けやすい職業(飲食業など)も、信用性は高くないと判断されるようです。

いかがでしょうか?貸金業者は、貸したお金がきちんと帰ってくることが絶対条件ですから、すこしでもその可能性が高い人を優遇することになります。ですから、きちんと安定した生活を営むことが重要になってきます。きちんと返せますという状況、証拠を多く提示できるようであれば、審査において非常に有利になるでしょう。

銀行カードローンの審査通るコツとは

一般的に銀行カードローンは、消費者金融のキャッシングなどと比べると、審査の難易度は高めです。実際、「消費者金融の審査には通ったけれど銀行の審査には通らなかった」というケースは世の中には沢山あります。このような審査の難易度のバラツキは、銀行と消費者金融に限ったことではなくて、信販系、IT企業系、その他、全ての金融機関において存在しているのです。

そして数ある金融機関の中でも、銀行系は間違いなく審査の難易度が高い部類に属しています。それゆえ、銀行カードローンの審査に通るのは、決して簡単なことではないのです。その審査通るコツとは、一言で言えば「属性を高くする」ということです。属性というのは、お金を借りたい人の社会的信用力や経済力に関する特徴のことです。

属性が高い人とは、具体的には「自宅は自分の持ち家で借金の担保にもなっていないし、正社員として有名一流企業に長年勤務していて人並み以上の高額な年収があって、他社からの借り入れも全く無くて過去に返済トラブルを起こしたこともないような人」となります。こんな属性の高い人なら、通常のカードローンであれば間違いなく審査は通ると考えられます。

もちろん、属性の高さは、決して上記のような最高レベルの人でなければ審査には通らないというわけではありません。その銀行が定める一定レベル以上に高ければ、審査には通るのです。しかし、その銀行独自のレベルが公表されることはあり得ませんので、銀行カードローンを利用したいと思ったら、まずは社会人として一般的、かつ常識的と思われる属性のレベルに達するように努力すべきです。

そのためには、バイトや派遣よりも正社員、転職を繰り返すよりも一つの会社での勤続年数を長くする、家賃や各種公共料金などの滞納をしない、他社からの借り入れはなるべく無くす、もしも他社から借り入れをしたとしても絶対に延滞などはしないということを徹底することです。このようにマイナス要因を無くす努力をすれば、属性は確実にアップします。
(⇒派遣でも借りたいならこちらから

【参考ページ】
審査に通過したカードローンの主な利用方法

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.