絶対に受かるカードローンの審査ってあるの?

カードローンの審査を受けようと思ってるんだけど、絶対に受かるカードローンなんてあるの?そんなものがあればそれにしたいなぁ、審査ってなんか面倒臭そうだし…どうかな?

絶対に受かるカードローンの審査はありません

はっはっは、絶対に受かるカードローンとな。そういったものは残念ながら存在しないぞ。どうしてもカード会社によって、審査に通る人、通らない人がいるのはどうしようもないことじゃ。同じカード会社の中でも、個人事業主向けカードローンや、レディースローンなどといった特殊なカードローンもあり、それぞれで審査基準が違うというものも存在する。

消費者金融系カードローンは一般的に銀行系カードローンよりも審査基準が緩いと言われているが、逆になってしまうパターンもあるのは知っておるかな?収入が全くない人は、消費者金融系カードローンの審査には一切通らないが、銀行系カードローンなら通る可能性があるのじゃ。専業主婦などは個人の収入がないため、個人名義のカードローンを組みたい場合は、銀行系カードローンを選ばなければならない。これは「総量規制」という法律に基づいておるため、例外はないのじゃ。

ただし、銀行系カードローンならば収入がない人でも審査に通る可能性があるかというと、全くない場合もある。これは各社の審査基準に準ずる。本人の収入を絶対条件としている場合じゃな。これは審査を受ける前にカード会社に直接問い合わせるか、ホームページなどをチェックしておく必要がある。

ある程度の収入がある人の場合は、消費者金融系カードローンが断然通りやすい場合が多いじゃろう。学生や主婦、パートなど低所得者を主に対象にしているカード会社もある。審査自体もインターネット、スマートフォンからだけでも可能なものもあり、非常に利用しやすく工夫されているものもあるぞ。自身の状況と希望に合わせて、最適なカードローンを選ぼう。(こちらもご参考ください→審査がゆるい銀行カードローン

受かるカードローンとはどんなものか

カードローンをする時は必ず審査があります。本人の年齢、年収、仕事が安定しているか、毎月給与が振り込まれているか、指定の銀行に口座を持っているか、過去に自己破産や借入金の延滞がないか、他社で多額の借入をしていないか、生活保護か等の審査です。何も考えずカードローンを申し込むと、審査に通らない可能性があります。まずは審査の通りやすい金融機関を探すのが先決です。金融機関が決まれば、次の自分の申込みが有利になるように自分を身軽にする必要があります。沢山のカード持っている場合はいくつか解約をしておくといいでしょう。

受かるカードローンは消費者金融のほうがお勧めです。金融機関は共通の信用データを信用情報会社から見ることが出来ますが、最終判断は金融機関の規定により判断されます。銀行系は審査が厳しいですので消費者金融のほうが有利でしょう。ただ銀行系でも受かりやすいカードローンは存在します。地方銀行は比較的厳しいのですが、大手銀行は審査が甘いです。大手銀行は審査を消費者金融に託しているところが多いからです。しかも銀行系ですと利息がかなり低く設定されており、かつ限度額も大きな金額が設定できます。消費者金融では年収の3分の1までしか借りることが出来ません。しかし銀行系のカードローンであればそれ以上でも可能です。

銀行は銀行法で管理されており、貸金業法ではないからです。それに対して消費者金融は貸金業になります。総量規制にも対象外の借入金があります。それは不動購入の為の借入と、自動車購入の為の借入金です。あと緊急に医療費として必要になった場合は申し出さえすれば借入可能です。あとは出来るだけweb完結申し込みをするのがいいです。web完結申込みなら、電話やファックス、郵便さえも不要ですので、自分で必要な書類を作ればいいだけです。出来るだけ正確にそろえてメールしましょう。早い場合で即日融資可能なところが数多くあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.