カードローンに通る人と通らない人の違い

キャッシングベスト3

カードローンの審査が通る人通らない人の特徴って?

カードローンの審査を受けたいと思ってるんだ!一体どんな人が審査に通りやすい人や、通らない人の特徴ってどんななの?

通りやすい人は安定収入があり、勤続歴が長い人になります

カードローンの審査において、通りやすい人と通りにくい人の特徴をかんたんに説明します。審査に通りやすい人は、公務員を代表として、収入に安定性がある人と言われています。長く同じ職場で働いていることや、同じ土地に暮らしていることも有利だと言われています。

カード会社側は、審査において貸付相手がどのような生活をしていくかを想像する必要があります。その際に、職業を転々と変えているような人や、引越しを繰り返しているような人は、今後どのような生活をするか想像しづらいために、やや評価を下げなければならなくなります。それに対し、同じ職場で長く働いている人に対しては、今後も続くだろうと判断しやすいため、評価を上げることができます。

審査に通りにくいという人は、自身の状況と、申し込むカード会社の審査の水準とのバランスがよく理解できていない場合が多いようです。たとえば銀行系カードローンの場合、限度額を高く設定できます。また、借り入れの利率は低く設定されており、消費者金融系カードローンに比べてリスクが低く借り入れができます。その分、審査の水準は厳しめになっています。アルバイトやパートで、年収が100万にも満たないような場合は、この銀行系カードローンに申し込んでも、落とされてしまう可能性は非常に高くなってしまいます。(バイトでも借りたい人はこちらを参考に→バイトが簡単に審査に通るためには

そういった人が審査に通るためには、多少金利が高く、最高限度額が低くても、消費者金融系カードローンに申し込む必要があります。上述した例の人でも、それならば審査に通る可能性があります。審査に通りやすい人は、このバランス感覚を理解している人が多いのです。自身の収入が上がったり、勤続歴が積み重なってきた頃に、1ランク上のカードローンに申し込むといったことができるのです。自身の条件が、あまり高評価を得られそうにないなと感じられる人は、消費者金融系カードローンに申し込むことで、審査に落とされてしまうリスクを減らせます。
(⇒審査がゆるいカードローンを探している方はこちら

カードローンの借り入れ審査が通るには

カードローンは原則的につかいみちが自由で、申し込み対象者の幅が広いため、気軽に利用することができます。審査が厳しいというイメージを持っている方が多いでしょうが、決してそのようなことはありません。審査が通るためには、一定の条件を満たす必要がありますが、その条件はほとんどの方が満たせるものです。収入の多い少ないは全く関係ありません。年齢が満20歳以上であれば、パートやアルバイトの方でも審査は通ります。正社員で安定した収入がなくても良いのです。学生でも主婦でも問題はありません。

全くの無収入であったり、短期的で継続的ではない収入であれば引っかかりますが、そうでなければ大丈夫です。逆に問題となるのは、過去の借り入れの際に返済が滞ったり、多重債務になっている場合です。したがって、カードローンの利用に関しては、借りすぎや返済には注意しなくてはなりません。計画的に利用していくことが大切です。返済に関しては、事前にシュミレーションをしておくと良いでしょう。各業者のサイト上で行うことができます。総返済額、金利分、返済期間などが入力後に数秒で判明します。難しい計算を自力で行う必要は、全くありません。ひとつの業者だけではなく、複数の業者で比較して、もっとも有利なところを探して利用すれば良いでしょう。

これで無理のない計画を立てれば、何もカードローンは怖くありません。カードローンを利用する目的は、ほとんどの場合は急な出費に対応するためでしょう。その際に審査に引っかかってしまっては困ってしまいます。そうならないよう、返済計画は十分に考えたうえ、利用にあたるべきです。常に審査に通れるような状況にしておくことが望ましいです。飲み会や旅行のお誘い、冠婚葬祭、給料日前の苦しいときを乗り越えるためにも、カードローンは有効に活用していくべきものです。いつでも手軽にお金を工面する方法のひとつとしておけば、とても心強いものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.