銀行カードローンの上限ってどうやって決めるのかしら?

銀行カードローンの上限って、どういう風に決められるのですか?簡単に教えてください!

銀行カードローンの上限は、年収や職種などから個別審査されます

銀行カードローンの利用上限は、申し込みの段階で、銀行側が審査して結果を出します。たとえば50万円の上限希望を出していたとしても、銀行側が設定している条件に満たしていない場合は、希望額よりも減額されて審査通過の通知がくることもあります。それ以上に条件が満たしていない場合に、審査落とされてしまうということになります。(こちらもご参考に→審査が甘いカードローンを探す方法

この上限額は、申請者の年収や職種、勤続歴、どこにどれだけ住んでいたか、他社からの借入総額などによって審査されます。当然、年収が高いほうが限度額はあげやすくなりますが、それ以上に収入の安定性も重要な要素になってきます。一時的な収入が多くても、収入源が不安定な場合は、あまり高評価を得ることができません。

無事に審査に通ったあとは、カードローンを多く利用することで、上限額を変更することもできるようになります。利用すればするだけ信用がつき、クレジットスコア(評価点)て上がって行きます。そうすると、申請時よりも多くの上限額の希望を受け入れてくれるようになります。銀行側から上限額の増額のお誘いが来ることもあるようです。自分から増額の申請をおこなうこともできます。
(⇒借入金額を引き上げるメリット

その際は、優良なクレジットヒストリーを築いていくことを心がけなければなりません。延滞を繰り返していると、クレジットスコアはどんどん下がり、下手するとブラックに登録されてしまう可能性も出てきます。評価点が下がると、上限額を減額される場合もあるほか、最悪の場合、口座を締結されてしまうおそれもあるので注意しましょう。

銀行のカードローンは上限が高い

カードローンを探そうと思ったときには、まず消費者金融を選ぶ人も多いようですが、最近では消費者金融以外にもクレジットカードのキャッシング機能を利用する事もできますし、銀行から借りることもできるようになっています。できるだけ多く借りたいと考えている人にとっては、消費者金融やクレジットカードのキャッシングよりも、銀行の方が適しています。借りる金額によって使い分けましょう。(こちらも参考に!→審査が厳しいのはクレジットカード?カードローン?

その理由についてですが、消費者金融やクレジットカードのキャッシングには厳しい規制があるからです。消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、貸金業として認可を得て貸し付けを行っています。この時には貸金業法という法律が適用されることになります。かつては、カードローンが社会問題となったこともあって、そのために規制が厳しくなりました。

規制の中でもっとも重要なものが総量規制です。総量規制の内容は、細かいものは色々あるのですが、借入限度額に関して言えば年収の3分の1が上限と定められています。ですから、年間の所得が450万円の人であれば、最大でも150万円までしか借りることができません。消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用して借り入れをするときには、この総量規制が適用されますから、収入によって上限が定められます。

銀行は貸金業者として認可を得ているわけではありませんから、貸金業法の規制はかかりません。ですから、年収の3分の1という上限が適用されないのです。年収があまり大きくない人の場合には、総量規制があると借りることのできる金額がかなり小さくなって、必要なお金を用意できないこともあります。このようなことが予想されるときには、消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングを利用するのではなくて、銀行のカードローンに申し込みをした方が良いです。必要なお金の金額と年収とを把握して、金融機関を選ぶのが良いと考えられます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.