カードローンの最大借入金額を引き上げるメリットってあるの?

カードローンを使っていて、ある時カード会社から最大借入金額を引き上げられますけどどうしますか?っていうような内容の通知がとどいたんだけど、そのときは別にどうでもいいやと思ってスルーしちゃってたんだよね。

なにかこの最大借入金額を引き上げるメリットってあるの?なんだかあんまり想像できないんだけど。

最大借入金額は信用の高さであり高額ローン審査で有利になります

ふむ、カードローンの最大借入金額の引き上げによるメリットか。これはまず単純なところで、いざという時のために利用できる枠として確保出来ているといないとでは、安心感が違ってくるじゃろう。万が一という瞬間はいつどのタイミングで訪れるかわからんものだからな。病気になってしまった、事故にあってしまったなど、想像できる範囲を超えた状況に陥る可能性がないとは言い切れないじゃろう。

それだけでなく、最大借入金額が高いということは、それだけカード会社からの君への信頼性が高いということになる。これは、車を買うときのカーローンや、家を購入する際の住宅ローンなど、高額ローンの審査において、有利に進めることができる可能性がある。

やはり、銀行側も高額な貸し付けを行う際には慎重に審査をせざるを得なくなる。そんな時に、このクレジットヒストリーや優良なクレジットスコアがあると、信用しやすくなるため、高評価となりやすいのじゃ。(こちらも参考にどうぞ→より審査に通りやすい銀行カードローン

したがって、最大借入金額引き上げの誘いがあった場合は、利用する予定がなくても、誘いに乗ってみるのは有効な手段じゃ。

カードローンの最大借入金額について

お金を借りるときには借り入れの契約を結ばなければなりません。トラブルを避けるためには必要な事です。お金を借りるときの契約では、借入金額を契約書の中に記入するのが一般的ですが、カードローンの場合には借りる金額を契約によって定めるのではなくて、極度額を定めるのが一般的です。極度額とは、最大借入金額のことを指します。

借り入れる金額を記入せずに、極度額を定めることによって、簡単に借りることができるメリットがあります。というのも、借りる度に契約を結ぶ必要がないからです。最初に契約を結んでおいて、そしてその契約に従って借り入れをするのですが、実際に借り入れをするときにはカードをATMに挿入するだけです。ですから、最初に契約をするときには契約の内容をきちんと把握しておくことは必要ですが、一度契約を結んだ後には、簡単に借りることができます。

極度額は最初に決めますが、その金額はいくつかの要因によって決まります。消費者金融などの貸金業者から借りる場合には、極度額は最大でも年収の3分の1までと定められています。ですから、それ以上は借りることができません。貸金業者ではない金融機関のカードローンならこの規制は適用されません。例えば銀行や信用金庫のカードローンではこのような規制はないのです。
(⇒総量規制対象外のカードローン

極度額は法律の範囲内で金融機関が定めます。借りた人のすべてがきちんと返済をするのであれば、金融機関としてはいくらでも貸したいところなのですが、実際には返済ができなくなる人もいます。そのために、返済ができるのかどうかを審査によって判断し、その判断によって極度額が定められますから、審査は重要なのです。

返済可能性が高い人は極度額を大きく設定してくれますから、多く借りることができます。年収や雇用形態によって返済可能性が高いのかどうかが審査されますから、極度額を大きくしたいときには収入を証明できる書類の提出を求められることもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.