カードローンの極度額をこえたいんです!

カードローンの極度額を上げるには、どうしたらいいのでしょうか…ちょっと今の金額じゃ頼りなく、増額したいと思っています。がんばって働いてはいるつもりなのですが、どうしていいかわからず困っています。

カードローンをたくさん利用することで増額できます

カードローンの極度額を上げるには、クレジットスコアという独自の評価点を上げていく必要があります。これは利用者側には一切知りようがない情報ですが、極度額でその度合いを確認することができます。

初めて申し込みをした段階では、申請した内容だけでこのクレジットスコアが算出されます。まず年収はいくらか。この年収に重点を置いているカード会社は、年収が高いほど高評価とします。その次に職種です。収入の安定性が高いと見込める会社や職業に就いている人は、高評価を得られます。公務員は評価が高く、自営業や飲食業は評価が低くなる傾向にあります。
(⇒審査が甘いカードローンを探す方法

さらに、勤続歴なども考慮されます。長く同じ職場で働いている人ほど評価が高くなります。この項目に重点をおいているカード会社もあるようです。他社からの借入残高の有無によっても評価が変わります。多重債務状態にある人は、減点対象となってしまいます。これらを総合して算出されたクレジットスコアに基づき、その人に充てる上限額を設定します。

利用者はその後、カードローンを長く利用することで、このクレジットスコアに加点していくことができます。その人がどのように貸し借りをしてきたか、という履歴を「クレジットヒストリー」と呼ぶのです。これが優良である人ほど、クレジットスコアに加点されていきます。高額ローンである住宅ローンや、カーローン、ソーラーローンなどにおいては、このクレジットヒストリーは非常に重要な審査項目になります。

したがって、カードローンを利用して、きちんと返済さえしていれば、極度額は半自然的に上げていくことができるようになります。自身で極度額変更申請もできますし、カード会社側から誘いが来ることもあるようです。

カードローンの「極度額」って?

収入が少なくなってしまったときや支出がかさんでしまったときなど、いざというときの資金調達手段の代表格となるのが「カードローン」です。ですがカードローンには実際に利用してみるまでわからない用語が出てくることもありますので、利用を考える際には事前にいくつかの用語を知っていなくてはなりません。カードローンを契約する際に必ず目にすることとなる用語が「極度額」という用語です。これは契約時に契約書に記入する「借り入れることの出来る限度額」という意味を持つ用語になっています。これは金融機関が提示した範囲内であれば基本的には消費者が決定することが出来ますので、あえて低く設定して「借りすぎ」のリスクを未然に防ぐという使い方も出来ます。

ですが注意しなくてはいけないのが、この「極度額」はある条件を満たしてしまうと契約したあとで金額が変更されていることがあるということです。中には変更後、通知されないままになっているということもありますので、もし自身が条件を満たしてしまうと、気づかないうちに借りることの出来る金額が減らされているということがあるのです。ではそれはどういった条件なのかというと、まず「利用者から申請を出した場合」です。基本的にこの金額は契約時に決定するものですが、後々になって変更したいというときは金融機関に申し出れば変更をしてもらうことが出来ます。

「以前変更したことを忘れていた」ということもありえますので、こまめにチェックをしておく必要があります。もうひとつが「金融機関の判断によって極度額を落とされた」というケースです。もともと一つの金融機関で総量規制の限界まで借り入れることができるように金額を設定していた場合、他の金融機関でカードローンを契約した段階で、総量規制に触れないように調整をされるケースがあるのです。通常であれば緩やかに調整されていきますが、急に他のカードローンから大量に借り入れを行ったというようなことがあると金融機関が警戒し、限度額を大きく引き下げることもありますので特に注意が必要となります。いざお金を借りようとしたときに借りることが出来ないと計算が大きく狂うこともありますので、なるべく普段から自身の状況はチェックしておくようにするとよいでしょう。

【参考ページ】
総量規制対象外となるカードローン

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.