カードローンを組める金額は決まっているか

キャッシングベスト3

カードローンを組める金額って決まっているんですか?

カードローンを組める金額って決まっているんですか?カードローンは一度も使ったことがないのですが、便利そうだなと思っていました。組める金額って、どのような形になっているのか、詳しく教えていただけませんでしょうか?

カードローンを組める金額はカード会社との間で個別設定されます

基本的にカードローンを組める金額は、カード会社との間で個別に設定されます。申し込みの段階では、申請者の年収や職業、勤続歴、他社からの借入の総額などから審査されます。申請者は希望する利用限度額を提示し、カード会社がそれらの条件と照らし合わせ審査します。希望額の満額を利用可能としてくれる場合もあれば、希望限度額より減額される場合もあります。

そして重要なのが、改正貸金業法の「総量規制」という法律です。この総量規制では、年収の三分の一以上の借り入れをしている場合、新たな借り入れはできないように制限されています。したがって、年収が240万円の人は、80万円以上の借り入れはできないことになります。

ただし、銀行系カードローンにおいては、この総量規制は対象の外になります。少々ややこしい面もありますが、利用者が一方的な有利になる場合においては、総量規制の対象外になるのです。多重債務を一本化するための「おまとめローン」においても、年収に関わらず借り入れることができます。

このようにして利用上限額は決められていくのですが、あとからこれを変更することもできます。カードローンを多く利用していると、信用がつき、もっと多く借り入れができるようになるのです。カード会社側から上限額の引き上げのお誘いがくる場合もありますし、自身から増額申請をすることもできる場合がほとんどです。(こちらも参考に!→カードローンの上限引き上げをする方法とは?

カードローンを組める金額は個人の収入状況で左右?

まず、どこの金融機関にするかによって、カードローンを組める金額というのは違ってきます。金融機関の多くでは、毎月の借り入れ限度額を10万から100万円程度までの数段階の中から選ぶことが可能となっています。個人では返済に無理が出ないように、借り入れ限度額を10万円や30万円までの少額に設定しておくと安心と言えます。逆に収入が多く人であれば、急な用立てのために限度額を大きくしておくこともできます。

カードローンの組める金額においては、個人の毎月に収入状況によっても左右される面があります。個人でカードローンを組む際には、金融機関で今の雇用形態や収入額などを元にして審査が行われることになってきます。その審査結果に応じて、ローンを組める限度額というのは多いか少ないかが決まることになります。大企業に勤めているサラリーマンや安定収入が見込める公務員などは、ローンを組める金額が大きくなる傾向があります。そのような人であれば、金融機関によっては限度額が100万円を超えて融資を受けられる場合が出てきます。逆に非正規雇用であるアルバイトやパートで働いている人は、限度額が30万円までなどの少額に抑えられることになってきます。

また、近年では専業主婦でもカードローンが組める金融機関が増えています。専業主婦であっても、夫に安定的な収入があればローンの審査が通ることが多くなっています。しかし、専業主婦が組める金額というのは、アルバイトやパートと同様に30万円程度に抑えられているのが実状です。以上のように個人の収入状況によってカードローンの組める金額というのは変わってきますが、限度額の大小によって支払う利息の利率も変化してきます。一般的には限度額が多くなるほどに支払金利は低くなっており、限度額が少ないほどに支払金利は高くなっていきます。これは限度額が高い人ほど、信用度が高いと金融機関が判断しているからです。そのため、限度額が低く設定している人は金利が高めとなっていることから、早めに返済をすることが重要となってきます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.