カードローンの上限金額と収入面との関係性って?

カードローンの上限金額と収入の関係って、どんな感じになっているのでしょうか?カードローンを利用したことがなく、どんなシステムになっているのか興味があります。もしできましたら簡単でいいので教えてくれませんか?

カードローン上限金額と収入は、密接な関係にあります

カードローンの上限金額と収入は、特にはじめのうちは密接な関係にあります。カードローンの申し込みの段階で、希望上限額(利用限度額)を提示するが、それを踏まえてカード会社側は審査をする。収入や、職業などの条件と照らし合わせて申請者を評価し、その評価点によって上限金額の決定をだすのです。条件に当てはまらなかったり、評価点が満たなかったりした場合に、審査に落とされるといったことになります。

総量規制というものもあります。これは2010年の6月より正式に施工された、「改正貸金業法」の中の一部です。この総量規制によると、年収の3分の1を超えた場合は、新たな借り入れはできないという風に制限がかけられています。つまり、年収が240万円の人は、限度額を80万円までにしかできないことになります。(こちらも参考になります→総量規制対象外のカードローンも

ただし、銀行系カードローンやおまとめローンでは、この総量規制の対象にはなりません。住宅ローンやカーローンなどの高額ローンは、年収の3分の1に収めるというのは無理がありますよね。利用者に一方的に有利になるサービスは、対象外になるようにされています。

はじめに決められた上限額は、あとから変更することもできます。カードローンを利用していくことで、信用がつき、増額申請ができるようになります。利用可能な段階になってくると、さほど収入面は影響しなくなってきます。

カードローンで借り入れ可能な上限金額とは

カードローンで借り入れ可能な金額は、業者によって変わりますし、収入によっても違ってきます。業者毎に融資枠は違い、消費者金融と銀行では、銀行の方が上限金額が大きくなっており、消費者金融の方が小さくなっています、業者毎に定める上限を審査に通れば借りる事が出来るというわけでなく、審査によって利用者毎に上限金額が変わってきます。

消費者金融の場合は、総量規制という規制が適用されますから、年収の3分の1以上の借入が出来ないように制限をかけていますから、消費者金融業者の上限額が300万円だとしても、年収が少なければ大きな融資を受ける事は出来ないようになっています、例外的に返済専用のおまとめローン等では総量規制の対象外として利用出来るようになっています。

銀行の場合はこの規制対象外ですから、大きな融資も可能になりますが、銀行では消費者金融よりも慎重で厳しい審査があり、融資額は審査によって決定される事になります、返済能力を認めてもらう事によってカードローンを利用出来るようになっていますから、年齢や年収、借金額、今までの返済歴等によって確認されて利用者への融資額が決定されます。

1社から50万円以上の借り入れを行う場合や、複数社含めて100万円以上借り入れを行う場合は、審査時に収入証明書が必要になります、金額によって金利設定が変わったり、様々な部分で決まりが細かく決定されていますから、ある程度ルールを知ってカードローンを利用する事が望ましいものです。

上限金額一杯までカードローンで借り入れが出来たとしても、返済の予定を立てた時に、その後の返済生活が苦しくなると判断出来る場合は借り入れ額を調整したり、あくまで生活負担をかけずに返済出来る範疇での借り入れを行うようにすると良いでしょうし、返済出来ないような借り入れは避けた方が良いでしょう。確実に返済出来るような返済計画を立ててカードローンは利用するようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.