カードローン制限されることなんてあるの?

カードローンって制限されることなんてあるのでしょうか?そういうものって、どうやって決められるのですか?まだカードローンを利用したことがなく、右も左もわからない状態です。詳しく教えてくださいませんか。

カードローンには、利用限度額という制限が課せられます

カードローンにおいては、利用限度額という形で、借り入れできる金額を制限されます。これは申し込みの段階で審査され、カード会社が判断して設定します。利用者は、その利用限度額の範囲内で、借り入れや返済を行っていきます。(こちらも参考になります→利用限度額を引き上げる方法

カードローンでは、基本的にこの限度額の範囲で、自由に貸し借りができるというシステムになっており、これをリボルビングシステムといいます。テレビCMなどで「リボ払い」という言葉をどこかで耳にしたことがある人が多いと思います。

これはどういうことか簡単に説明します。たとえば利用限度額が30万円だったとします。それは言い換えれば、30万円が入った財布を手渡されたようなものであるとも言えます。30万円が入った財布から10万円取り出して使うと、残りは20万円。これがその時点での利用可能残高です。その後5万円財布の中に戻した(返済した)とすると、財布の中身は25万円となり、利用可能額は25万円になります。このように、財布にお金を戻した時点でまた財布から出すことができます。これがリボルビングシステムです。そして財布からお金を使っていた時間によって、利子をつけて返さなければいけないというわけです。

どれだけ多くお金の入った財布をもらえるかどうかは、年収や勤続歴や、職種によって、会社名によって決められるのです。信用性がある人ほど、多くのお金が入った財布をもらえるのです。また、たくさん財布からお金を使って、きちんと返していると、財布の中に追加でお金を入れてくれることもあります。上述した例だと、10万円財布に入れてもらえた場合、利用可能額は40万円になりますね。これが利用残高の変更です。使い方があらく、きちんと財布にお金を戻さなかった場合は、お金を中から抜かれるか、財布ごと取り上げられることもあるので注意しましょう。

カードローン制限についての説明

貸金業法での借入には、総量規制によって、個人の借入総額が原則、年収の三分の一までに制限されており、消費者金融や信販会社の借入れやカードローン制限があります。この総量規制によって、新規の借入れを希望しても、貸付残高が年収の三分の一を超える融資をしてはいけなくなっており、融資金額が50万円を超える場合や貸付残高が100万円を超えるような場合は、収入証明書などの収入が確認できる書類の提出が義務になっています。総量規制の対象となる貸金業法は、消費者金融などの貸金業者の適正な活動を促進する目的で制定している法律になっており、銀行や信用金庫、労働金庫、信用組合などは貸金業者ではないので、総量規制の対象外となっていますので、申込者個人に返済能力があれば、借入残高が年収の三分の一を超えていても、カードローン制限がありませんので貸付を受けることも可能になります。

総量規制の対象外となっている銀行系でも、返済能力にリスクがある方への融資は、貸金業者よりも厳しく、小口の融資のケースでも収入を証明する書類の提出を求められるケースもあり、とても慎重な審査を行うことが多いです。その他に、クレジットカードならば18歳以上で作ることができるのですが、カードローンには年齢制限があり、基本的に二十歳以上でなければ利用することができません。

学生でも作れるカードローンもあるのですが、やはり18歳や19歳ではカードローンを利用することはできず、二十歳以上となり、学生の場合だと申し込み前に保証人が必要になったり親の同意書が必要になったりします。総量規制の例外や除外となる貸付があり、不動産購入のための貸付やマイカーを購入するための自動車担保貸付は、同じ貸付残高であっても総量規制の貸付残高とはみなされません。例外となるローンの中には、借り手に一方的に有利になる借り換えがあり、おまとめローンなどのような毎月の返済額が少なくなることは総量規制の例外となっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.