カードローンの金利上限がかわったのはいったいいつからなの?

カードローンのグレーゾーン金利って、いったいどういうことなんでしょうか?いまではそういったことは無いようなことを耳にしましたが、金利上限がかわったのはいったいいつからなのでしょうか?どのようにかわったのかなど、詳しく教えてくれませんでしょうか。

2010年6月に正式に施工された改正貸金業法に基づき変更されました

カードローンのグレーゾーン金利というものは、貸金業法および利息制限法に定められた上限金利に差異が生じていたために発生していた金利のことを言います。これは、2010年6月に正式に施工された改正貸金業法によって、変更されました。(こちらも参考になります→上限金利が低いカードローン

改正貸金業法のおける上限金利は、借入残高が10万円以下の場合は20%まで。100万円以下の場合は18%まで。200万円以下の場合は15%までというように定められています。これにより、グレーゾーン金利が消滅し、こちらの利率が正式に認められるようになりました。

したがって、上述した上限金利を超えて返済をしていた場合、貸金業者に対して過払い金の返還請求をすることができます。しかしこれは、素人では業者相手にやり取りをするのは非常に大変になります。弁護士や司法書士など、過払い金返還請求を専門的に扱っている専門家に依頼するのが一番でしょう。
(⇒貸金業者の中で一番甘い所は?

ただし、遅延損害金が発生した場合は、この条件に縛られません。要するに、返済期日を守らなかった場合には、貸金業者側の言い分が通ってしまうということになります。カードローンにしろ、住宅ローンやカーローンにしろ、かならず決められた期日は守るように心がけましょう。

カードローンの金利上限が変わったのはいったいいつからか

消費者金融や信販会社、事業者金融、クレジットカードのキャッシング枠などの上限金利は利用限度額に応じて15%から20%が上限金利となっています。このカードローンの金利上限が変わったのはいっいいつからかというと、2010年6月の貸金業法が改正されてからになります。ただ、多くの貸金業者はいきなり2010年の6月から一気に金利を下げたということではなく、改正がはじめる1年以上前から前倒しで新規契約されたかたは、はじめから上限金利が18%で契約ができるなど、カードローン会社に事前対応ではやめに上限金利を下げている会社はありました。

この改正により、上限金利が引き下げられてだけでなく収入証明書の提出も限度額が50万円以上になる場合や他社での利用残高と自社の限度額の合計が100万円を超えている人を対象に事前に収入証明書の提出を依頼するなど、改正の日に合わせていきなり変えるのではなく、各カードローン会社は事前にこれらの改正を前倒しで実施して改正日に混乱しないように対応をしていました。これまで、上限金利はどのくらいで貸し付けていたのかというと29.2%が上限金利でした。これは出資法という法律にもとづいて融資を行っていましたので、改正により上限金利が10%近く引き下げられたことになります。

この上限金利が引き下げられたことによる影響ですが、既存顧客は改正を期に上限金利が下がったために、支払利息が大幅に下がり、はじめてカードローン契約をされる方もこれまでよりも低い金利で融資を受けることができるようになりました。デメリットですが、これまでよりも審査が厳しくなってしまったことです。貸し倒れ率や延滞リスクを考えると、どうしても28%や29%でしか融資をできない人は、改正される前の上限金利であれば融資を受けることができたのですが、改正後の上限金利が引き下がった審査では貸し付け対象ではない人がでてきたことです。そうなった方は闇金に流れてしまう不安があります。
(⇒カードローン借入上限と金利の関係

【参考ページはこちら】
カードローンのいい所・悪い所

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.