カードローンの借り入れ上限ってどのくらい?

友人がカードローンを利用していますが、わたしにも使うと良い、と勧めてきます。というのも、わたしは個人事業主として小さな商店を経営していまして、たびたびその資金繰りに悩んでいるのです。銀行はわたしのような小さな個人事業主だと貸してくれるはずもなく、公的資金に申し込んでも、条件はいいのですが、申し込みが殺到しているようで、倍率が高かったりで、全く借りることができません。それで、カードローンがいいんじゃないか、ということです。ただ、そもそもカードローンは借入限度額が少ないのでは、と心配しています。それで、お尋ねしたいのは、カードローンの借入上限ってどのくらいなのでしょうか?

カードローンの借入上限はさまざま、銀行が多め

一口にカードローンといっても、消費者金融のカードローン、銀行カードローン、また資金基盤は銀行ですが、実質は消費者金融という、銀行系カードローンと呼ばれるものもあります。傾向としては、銀行系カードローン、消費者金融の場合は300万円~500万円が平均でしょうか?銀行になると、資金基盤がしっかりしていることもあって、800万円とか、最高だとみずほ銀行の1000万円が利用限度額の最高額というものもあります。(こちらも参考に!→審査が甘い銀行カードローンを探すには

ただ、勘違いしてほしくないのは、あなたが申し込んでいきなりこの最高額の金額を借りることができるわけではない、ということです。最初はやはり少なめの金額からスタートし、相手との取引を続けるなかで信頼関係を培っていく、ということになります。

カードローンの借り入れ上限はどうやって決まるの?

カードローンはお金が不足したときに、ATMなどを利用して資金を調達できる手段となっています。事前に審査を通過していれば必要なタイミングでお金を借りることができるようになりますが、この「借りることが出来る金額」は借り入れ上限が事前に設定されていますので、それを超えてお金を借りるということは出来ません。ではどのようにしてこの借り入れ上限は決まるのでしょうか。まず最も基本的なこととして知っておかなくてはならないのが「総量規制」という法律の存在です。これは2010年の6月に「貸金業法」という法律によって施行された規則です。内容としては「銀行以外から資金の借り入れを行う場合の上限は年収の三分の一未満の金額とする」という内容になります。

銀行ではない消費者金融などからお金を借りるという際には、年収の三分の一以上の金額を借り入れることが出来なくなっていますので、どれだけ信用情報が確かなものであったとしても、借り入れ上限が年収の三分の一を超えることは無いといえるでしょう。ここで注意しなくてはならないのが「銀行からの借り入れは総量規制の影響を受けない」ということです。
つまり「銀行カードローン」と呼ばれるような、銀行が運営するカードローンであれば、状況によっては上限額が年収の三分の一以上となるケースもあるのです。

ではどういった条件を満たせば銀行のカードローンの上限額が高く設定されるのかというと、まず一つは「年収を増やす」ことであるといえます。一年あたりの収入が大きければそれだけ大量の借り入れをしても返済することが出来ると銀行は考えますので、年収額が高ければ高いほど、借り入れ上限も高く設定されます。それ以外の方法となると「信用を獲得する」という方法もあります。カードローンなどを長期にわたって計画的に利用し、借りたお金を期限内に返すということを繰り返していけば、その情報は信用情報として記録されていきます。そうした計画に沿った利用が出来ている顧客であれば信用がしやすいということになりますので、それだけでも借り入れ上限は高く設定してもらえるようになるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.