カードローンは上限金利が安いほど通りにくいのかな?

カードローンってたくさんありますよね。どこがいいのかって、やっぱり金利が安いほうがいいなっておもうんですよね。この上限金利が安いところって、やっぱり審査は厳しいのかな?

基本的には金利が低いほうが審査は厳しいと見てよいでしょう

うむ、カードローンにおいては、基本的に、金利が低く設定されているカード会社のほうが、審査の敷居が高い場合が多いようじゃ。ただしこれはカード会社によって、またプランによっても違ってくるために、一概にどうとは言い難いものではある。消費者金融系カードローンと銀行系カードローンのように、はっきりと大きく差があるような場合は比較しやすいものじゃが、同じような会社どうしだと、細かく比較することはほぼ不可能じゃと思って良い。

審査に通りたいと思うのであれば、自身の状況を冷静に判断して、身の丈にあったカード会社選びが大切じゃ。やはり、金利が利息制限法ギリギリなカード会社は、審査の敷居が低い場合が多い。これは主に消費者金融系カードローンのほうじゃな。(こちらも参考に!→簡単に審査に通れるカードローン

それに対し銀行系カードローンは、審査が厳しい場合が多い。金利の利率は消費者金融系のものと比べると随分と低く設定されていることがわかると思う。ただし、そんな中でも、会社によって、どのような項目を重要視するか、またどのような職種や属性を優遇するかなどはどうしても違ってくる。
(⇒銀行カードローンで審査に通りやすい会社は?

ホームページで仮審査を受けて見るというのも有効な手段じゃ。大手消費者金融や一部の銀行系カードローンでは、「かんたん診断」や「○秒審査」といった、非常に少ない項目で借り入れができるかどうかの大まかな目安をチェックすることができるサービスがある。これを利用すれば、自身の状況がわかると思うぞ。有効に活用してみるとよい。

上限金利の安いカードローンでお金を借りる

上限金利の安いカードローンでお金を借りることによって、負担を感じずにローンを利用することができるようになります。基本的に、カードローンと言うのはどの金融機関を利用したとしても金利は安くなっています。もちろん、上限金利が設定されているだけで下限に関する範囲はサービスによって各々異なっているのですが、少なくとも上限に関して限界がありますのでどの会社でも安心してお金を借りることが可能なのです。

そもそも、なぜこのようなことが言えるのでしょうか。実は、金利に関してはカードローンが一般的に世間に提供される前に大きな問題となったことがあるのです。この問題のことを、グレーゾーン問題と言います。この問題を解決するために現在の少額融資のサービスと言うのは法改正が済まされており、従来にあったような金銭トラブルが絶対に起きないようになっているわけです。

グレーゾーンと言うのは、簡単に言うと金利に関する法律が二つ存在することによって生まれる矛盾した金利の範囲のことを言います。法改正される前までは、実はキャッシングに関して適用される法律は二つ存在していたわけです。この二つの法律は金融機関の判断によってどちらを適用させるか決められていましたので、金利の範囲が異なる二つの法律では矛盾が生じていました。

当然ですが、金利の範囲が異なるわけですから上限金利にも違いが生じてしまい、消費者への無意味な負担が大きくなってしまっていたのです。こうした問題を解決するためには、金利に関する法律を一つに統合し、現在では利息制限法と言う法律のみがキャッシングで適用されるようになったのです。(こちらも参考に→無利息期間があるカードローン

カードローンに関しても同じで、このような背景がありますのでどこの金融機関であっても必要以上に金利を設定することは出来なくなっているわけです。キャッシングは法改正によって何度も法整備が進められてきていますので、絶対に消費者の負担となるようなサービスが提供されることはないのです。
(⇒上限金利が低いカードローンはお得?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.