カードローンの上限を決める基準ってどういうものなの?

カードローンの上限額を決める基準って、どういうものなのでしょうか?先日カードローンに申し込みをしてみて、現在審査結果待ちでウズウズしています。その際に、希望限度額というものがあり、どういうものかなと思って適当に申請しました。これって、どういう風に決められるのでしょうか?

利用上限額は、クレジットスコアによって決定されます

カードローンの利用上限額は、カード会社が独自に決めているクレジットスコアによって決定されます。このクレジットスコアが高評価なほど、上限額を上げることができます。はじめて申し込みをした段階では、当然クレジットスコアは高くないので、どうしても希望する上限額に満たない場合も多くあります。(こちらも参考に→利用上限額を引き上げるいい方法

ただしこれは、あとから追加していくこともできます。カードローンを利用して、キチンと期日までに返済していくことで、クレジットスコアが追加されていきます。信用がついてくるので、その分多く借入ができるようになるということです。

クレジットスコアは、審査の段階において、どのくらいの年収か、どのような職業か、他社からの借り入れはどれだけあるかなどによっても決められます。年収が安定していると判断できるほど、評価は高くなっていきます。カード会社によって、どの項目に重点をおくかなどの方針も違うため、一概にいうことはできません。

また、多重債務や、延滞をすると評価が下がっていきます。評価がどんどんさがってくると、上限額を減額されたり、口座を没収されたりしてしまう可能性もありますので充分注意して利用しましょう。とはいえ、約定返済を確実にこなしていれば、他者から借り入れをしない限りは、減点されるようなことはまずありません。

上限額の高さは、その人の信用性を測る基準でもあると言えます。きちんと返済計画を立てて、確実に返済していきましょう。

カードローンの上限の基準は年収にある

カードローンの上限の基準は年収にあります。なぜそのようなことが言えるのかというと、法律でそのように決まっているからです。元々、カードローンのような少額融資のサービスと言うのは他の融資のサービスと適用される法律が異なっていると言う特徴があります。そのため、融資の基準となっている法律もまたカードローンでは異なっているわけです。

では、そもそもなぜこのような法律が存在するのでしょうか。それは、融資の契約に関して双方が安全にお金のやり取りをすることが出来るようにするために他なりません。少額融資のサービスは一般的な人に対してお金を貸すことを目的としていますので、企業や会社に対してお金を貸す銀行のサービスとは根本から異なっているわけです。そのため、個人に対する手厚い保障が必要になるわけです。

この融資に関する法律的な規制は総量規制と呼ばれますが、総量規制では年収の三分の一までしか融資を行うことが出来ません。こうすることによって、消費者が必要以上にお金を借りて多重債務者に陥ることを防いでいるわけです。年収以下のお金しか借りることが出来ないわけですから、消費者が返済できなくなってしまうといった不安を消すことが出来ます。(こちらも参考に→総量規制対象外のカードローン

また、これは金融機関から見ても有意義な法律だと言えます。もし仮に必要以上に金融機関からお金を貸すことが出来るとなると、お金を借りた消費者がお金を返済できなくなってしまう危険性が出てきます。そうなってしまうと、お金を貸した金融機関の不良債権が溜まってしまう事になるわけです。これでは金融機関も利益を得ることが出来ません。

このように、カードローンと言うのは融資に関して年収と言う一定の基準を設けることによって、より安全に運用できるようにしているわけです。カードローンの上限は年収によって決まるわけですから、自身の稼ぎが大きくなればそれだけ融資の金額も増えることになります。非常に重要な法律が適用されているわけです。

【参考ページ】
無収入でもOKのカードローンはある?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.