カードローンの審査ってきびしいんでしょうか

今度、カードローンの借入を考えています。用途はギャンブルや贅沢品などではありません。希望額は50万円以内なので、収入証明は必要ないだろうと考えています。50万円借りるなら、年収は150万円程度必要なはずですが、正直、お給料だけではそんなにありません。120万円くらいです。でも副業で稼いでいるので、その分を合わせると超えています。50万円を希望するのに、年収150万円と書いて大丈夫だと思いますか?

年収に対して申込額が高いと、審査に不利です

120万円を150万円と書くなら、許容範囲ではないでしょうか。収入証明を出さないのであれば、審査をする側も正確なところはわかりませんからね。おおよそこれくらいだろう、と推測される枠を逸脱しない限り、疑われることもないかと思います。副業に関しては、その分の年収を申告されていたりしませんか? きちんと税金を納めているのであれば、証明書を発行してもらえますので、収入として加算できるのですが。

ご存じだと思いますが、消費者金融では年収の3分の1を超える額は借りられません。銀行では借りられます。とはいえ、いきなりカードローンで年収の3分の1までめいっぱい借りようとしても、難しいはずです。最初は少ない限度額から、利用を続けるうちに徐々に増えていく感じではないでしょうか。いきなり大金を借りようとしても、その会社での信用がありませんからね。

50万円ならそれほど無謀な額とは思えません。収入証明もおそらく必要ないでしょう。ただ、ネット申し込みで単純に「年収150万円、希望額50万円」にしてしまうと、やや高いと判断されそうな気がします。できればお付き合いのある地元の金融機関で、誠実に用途を説明されたうえで申し込まれた方が、可能性があるのではないでしょうか。
(⇒カードローンの限度額を上げる方法

銀行のカードローン審査はきびしいのか

カードローンといっても銀行系や消費者金融系などがあります。どのキャッシングを行うに際しても審査に通らなくてはなりません。銀行は消費者金融よりきびしいといわれていますがどうなのでしょうか。昔は消費者金融会社などで悪質な取り立てなどが問題になりました。この原因は返す見込みがない金額を借りてしまう人が多かったからです。そしてその後、貸金業法改正という法律が設けられるようになりました。この法律により借り入れられる金額が収入の3分の1までとなり、これに伴って消費者金融の借り入れ審査の基準がきびしくなりました。(こちらも参考に!→総量規制対象外のカードローンも

では銀行はどうかと言うと大手の銀行は大手の金融会社と提携を組んで、その金融会社の審査のノウハウをそのまま利用しているのです。ですので全てではないですが、一部の銀行の審査基準は消費者金融とあまり変わらないのです。ただ貸金業法改正は消費者金融対象なので銀行には適応されません。三菱東京UFJ銀行は「消費者金融からお金を借りることができなかった方の受け皿となることが銀行の責務だ」とも語っています。ですので銀行の審査が甘いわけではありませんが、きびしいというわけでもありません。ですので消費者金融が無理だったからといって銀行も無理というわけではないのです。
(⇒審査が厳しい銀行カードローンは?

とは言ってもこれは一部の銀行の話で、基本的には消費者金融よりも銀行の方が借り入れが難しくなっています。ただ借り入れが難しいというデメリットは、逆に金利が安くなるなどのメリットや信頼性の高い会社だということの証明にもなっています。銀行のカードローンは頻繁に借り入れをする方にとっては基準がきびしいことはデメリットとなりますが、普段あまりカードローンを利用しない方にとってはデメリットは少なく、そのような方に向けたカードローンが銀行のカードローンなのです。しかしどのキャッシングを利用するに際しても、必ず返す見込みがある場合のみしか借り入れはしてくれません。ですので利用する場合には、事前にしっかりと計画を立ててから借り入れを行うようにしてください。

【参考ページ】
三菱東京UFJ銀行カードローンの評判は?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.