キャッシングローンとカードローンはどっちが審査が甘い?

ローンにはさまざまな種類がありますが、いまいちよくわからないのが、キャッシングローンと呼ばれるものと、カードローンの違いです。どちらも何だか似たものなんだろうな、くらいのイメージしかありませんので、その違いをどなたか説明してくださらないでしょうか?特にキャッシングローンとカードローンの審査はどちらが甘いか、教えてください。

あえて言うならキャッシングローンが甘い

まずキャッシングと呼ばれるものと、カードローンの違いですが、キャッシングはかなり幅広い概念で、個人が借りる借金の総称みたいな意味で使われることがあります。特にローンには目的を前もって決める住宅ローンやマイカーローンがあるのに対して、キャッシングと呼ばれるローン形態は前もって目的を決めないでお金を借りることを指します。

これに対してカードローンも前もって目的を決めないでお金を借りる形態の借入のことを指しますが、前もって利用限度額を決めて繰り返し借入をすることが出来る点に特徴があります。このことからわかるようにカードローンは、繰り返しの借入と返済を特徴としているので、審査の際にとくに安定した収入があるかどうかが重視されます。結果的に、審査は相対的に厳しくなる、というわけです。

カードローンを商品として扱っているのは銀行か、大手の消費者金融です。これに対してキャッシングは1回限りの融資をも含みますから、中小規模の消費者金融も商品として扱っています。そして、そうした貸金業者の中には審査基準がかなり緩めで貸してくれるところもあります。

キャッシングローンとカードローンはどっちが審査が甘いのだろうか?

個人への融資形態にはカードローンとキャッシングの二つのサービス名がありますよね?実際の所、この二つはどちらの方が借りやすいのでしょうか。もっといえば、キャッシングローンとカードローンはどっちが審査が甘いのでしょうか。実はこの二つは、名前こそ違っていますが、それほど違いは無いのです。そのため、借りやすさも銀行や消費者金融のよりけりといった方が良いかもしれません。キャッシングはキャッシュディスペンサーからお金を借りることで、カードローンも同様です。ただ、一番違うのがカードローンは何回も返済を繰り返すことで借入可能額が回復し、再び借り入れができる上に返済方式がリボルビング払いとなっている点です。しかし、現在ではキャッシングローンであってもリボ払いで返済するようになっているので、一概にその境界線ははっきりしなくなってきています。

審査の甘さも、カードローンとキャッシングで比較するよりも、その融資が銀行提供なのか消費者金融提供なのかで大きく異なってくるででしょう。銀行ですと、収入も十分でないと通常はキャッシングもカードローンも発行させてくれません。ですが、消費者金融系ですと審査はかなり甘くなり、カードローンやキャッシングも借りやすくなります。ですので、カードローンとキャッシングローンで比較してもあまり意味は無く、そのローンを組んでくれる金融機関の審査が甘いかどうかで判断する方が実利はあると言えるでしょう。
(⇒カードローンの簡単審査

このように、一概にカードローンとキャッシングローンに違いがあるというわけではなく。審査の甘さもあまりはっきりしません。逆に、そのカードローン、キャッシングローンが消費者金融由来なのか大手銀行由来なのかによって審査の甘さはかなり違ってきます。ですから、もしも審査の甘さでカードローンやキャッシングローンを選ぶのでしたら、なるべくお金を貸し出してくれる金融機関で比較する方が、便利ですし実はあると言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.