カードローン審査が甘い銀行

借りるなら銀行が安心と思って、カードローンからの借入も銀行からと考えてました。そのことを同僚に話したら、銀行は借りるのが難しいからやめたほうがいい、と言われました。それは本当ですか?ただ、仮に銀行から借りるのが難しいとしても、銀行にもいろいろありますから、きっと審査が甘いところがあるのではないか、と思っています。カードローンが甘い銀行を教えてくださいませんか?

銀行系カードローンやネット銀行にあたってみては?

全般的にはその同僚の方が仰るとおり、銀行の審査基準は高いです。というのも、銀行は他の貸金業者と違って、銀行法によって監督されている貸金業者のいわばトップランク。もし、トップランクが安易に貸付基準をゆるめてしまえば、それはその下に位置する消費者金融にも大きな影響を与えることになってしまうからです。

しかし、銀行の中にも、ネット銀行と呼ばれる銀行があります。ジャパンネット銀行やじぶん銀行、楽天銀行といった会社です。こうしたネット銀行は住宅ローンなどの大型のローンを取り扱っていることは少なく、個人の預貯金やカードローンを中心に取り扱っている場合も少なくありません。こうしたネット銀行は相対的に審査基準がゆるいと言われています。

さらに銀行の中でも銀行「系」カードローンと呼ばれるジャンルがあります。あくまでも銀行に所属しているのですが、実質は消費者金融、というのがこの部類に入ります。銀行によって子会社化された消費者金融ブランド、といってもいいと思います。この種の会社も比較的審査がゆるく、借りやすいといえます。(こちらもご参考ください→審査がゆるいカードローンはどこですか?

カードローン審査が甘い銀行ってあるの?

銀行カードローンの審査は、消費者金融と比べて厳しい傾向がありますが、厳しいと言っても正社員以外は一切不可など、そこまで厳しい銀行はあまりありません。銀行も様々な金融商品を用意しており、正社員オンリーの金融商品もあれば、非正社員の方でも利用できるローンがあるのが一般的です。確かに昔の銀行は、社会的信用のある方しか融資を受けられないことが一般的でした。しかし、今やほとんどの銀行が消費者金融と提携しており、消費者金融が個人向けカードローンの保証会社として審査を担当しています。

通常、銀行が保証会社の審査に介入することはありませんので、銀行カードローンの審査と言っても、消費者金融の審査に準じた基準となっており、それほど恐れる必要はありません。もともと、銀行も消費者金融のような非正社員向け、低所得者向けのフリーローンに参戦したかったのですが、社会的信用もあるので簡単に参戦できませんでした。しかし、2010年に貸金業法が改正され、総量規制が適用されるようになると、消費者金融の審査に通らない人が急増しました。そこで、銀行が消費者金融と提携し、審査は消費者金融に任せることで、お金を借りることができない消費者の受け皿となり、顧客を獲得することに成功しました。

ですので、実は消費者金融の審査に落ちた人が、銀行カードローンに審査に通るというのはよくある話です。カードローン審査が甘い銀行を探しているなら、消費者金融と提携している銀行を狙った方がよいでしょう。銀行系カードローンは、たとえ審査が甘くても社会的信用性が高く、消費者金融よりも金利が低いというメリットがあります。特に長期借入、大口融資を行う際は、金利の低い銀行カードローンが一番適しています。総量規制の対象外ということは、誰でもまとまった金額を借りられるチャンスがあるということです。もちろん、審査の厳しい銀行も存在しますが、知名度の高い全国的な銀行でも、ノルマが厳しいと普通は審査に落ちてしまうようなケースにも目を瞑るということが少なくありません。銀行だからといって敬遠せず、まずは審査に申し込んでみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.