外国人が通りやすいカードローンを知りたい

友人に尋ねられたのですが、彼の友達が中国人で、来日1年ちょっとらしいのですが、カードローンでお金を借りたいとのことらしいです。友達はよくわからなかったので、わたしに聞いてきたのですが、わたしも曖昧なので、質問させていただきます。外国人にお金を貸したらいつ何時帰国してしまうかもしれないので、借りるのは難しいんじゃないのかな、と個人的には思うのですが、どうなんでしょうか?

ちゃんとした書類と日本語の読み書き能力があれば可能

外国人である、というだけで借入ができない、ということはありません。ただ、あなたがおっしゃっているように外国人だといつ自国に帰ってしまうかもしれないという危険性はありますから、日本人がお金を借りるときに身分証が必要なように、外国人も外国人登録証などが必要になります。そして、もちろん、ちゃんと勤務先がはっきりしており、そこから一定の収入を得ているということはどうしても必要です。こうした条件は言ってしまえば日本人と何ら変わりはありません。(こちらも参考にしてください→在籍確認を書類で審査できる所

もっとも大きな違いはちゃんと日本語が読み書きができるか、ということです。契約書はすべて日本語で書かれていますし、もし返済不能にでもなれば、さらにいろいろな書類でのやりとりが必要になってきます。電話をかけて催促しても、相手が何言やらわからない、のであれば笑い話になるだけです。

そして、最後に必要なのは日本での居住年数です。1年では足りないと言われています。あなたの友人の知り合いの中国人の方は1年ちょっとということですから、微妙なところかもしれませんね。消費者金融のアコムやプロミスなら、以上の条件をクリアしていれば借入は十分可能です。

外国人でも通りやすいカードローンがあります

日本に在住している外国人の方は一般的に住所が安定していても返済能力や経済的信用を築くことに不安を感じてしまうために、銀行や消費者金融は融資を拒絶するのが普通です。しかし日本には外国人でも融資を受けることを可能にする消費者金融のカードローンがあります。ここではそのようなカードローンの中でも有名なものを紹介します。 外国人でも融資を受けることができるカードローンとして人気なのはプロミスです。プロミスの審査基準は対象年齢が20歳から69歳までとなっており高齢の方でもかりることができます。

外国人の方は本人を確認できる書類として、運転免許証やパスポートなどが不可欠となりますのでそれがないという方はまず運転免許を取るなどして証明書を取得しましょう。また外国人の方は日本に適法に在留している方であることをします在留カードや特別永住者証明書が必要です。これは外務省や法務省から発行される日本に在留する海外の方を把握するために必要なものです。そして日本に在住している海外の方であれば常にこれを携帯する義務がありますので、ほとんどの方は持っていると思われますが、もし持っていないという方や紛失したという方がいる場合には省庁に連絡を行いサイド発行をしてもらうようにしてください。

プロミスでは初めて借り入れを行う方にはポイントサービスを申し込まれることで30日間は利息なしでお金を借りることができます。このようなサービスはほかにはあまりないのでお得です。またプロミスでは来店して契約を結ぶことは必要でなくなっており、インターネットから申し込むことが可能ですし、最短で当日にお金を借りることが可能です。しかも50万円までの融資を受ける場合であれば収入証明書が不要になりますので、安定した収入がない方でも安心して融資を申し込むことができます。プロミスでは日本人であることを申し込み条件に設定していませんので、上記の条件を満たせば通りやすいカードローンです。

【参考ページ】
プロミスと三井住友銀行カードローンの違いって何?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.