無収入でもカードローンを借り入れ可能?

キャッシングベスト3

無収入でもOKのカードローンってある?

切羽詰まっているので、緊急でお尋ねしたい点があります。4か月ほど前に会社をリストラされ、無職の状態が今も続いています。年齢が40過ぎということもあり、再就職するのが困難なのです。それでも、中学生と高校生の二人の子供がおり、学費もかかるので、貯金を崩しながらなんとかやってきましたが、このままだと今月末には貯金が尽きてしまいそうです。家族から借金することも考えましたが、やはりこの年齢で借金するのも格好がつかないので、カードローンから一時的に借りて、何とか返済までに仕事を見つけれたらと思っています。そこでお尋ねしたいのですが、無職、無収入でも借りることができるカードローンってあるのでしょうか?

無収入でカードローンを借りるのは限りなく困難

質問者様の大変な状況には同情いたしますが、正直いいましていまの状況だとカードローンを借りるのは限りなく困難である、と言わざるを得ません。というのも、カードローンは言ってしまえば借金で、お金を貸す側も返済出来るあてのない人にお金を貸そうとはならないからです。貸す側はお金にさらに金利を上乗せしてきますから、無収入であればいったいどうやってそれらを返済されるのでしょうか?
(⇒カードローンの上限金額と収入面の関係

きっと質問者様は将来仕事をきちんと見つけて返済するつもりだ、とおっしゃるかもしれませんが、そんな人に貸してくれるのは、貸金業者ではなく、公的機関です。貸金業者はあなたの将来にかけるようなことは一切してくれません。彼らにとって重要なのは過去においてどうだったか、ということのみです。

ですから、あなたにおすすめしたいのは、厚生労働省、社会福祉協議会が実施している「総合支援資金貸付」という制度です。これであれば、あなたのような世帯を持っておられる方は最大で月20万円の生活費を最大で12か月の支援を受けることができます。実際に貸付をうけることができるかはわかりませんが、一度そちらに問い合わせてみてはいかがでしょうか?

【参考ページ】
審査が激甘のカードローンには裏がある?

無収入でもOKなカードローンについて

カードローンに限らず個人向け融資において無収入の人間というのは基本的に断られます。ですが世の中にはいくつか無収入でも借り入れがOKなカードローンと言うのが存在します。基本的になぜ無収入だと貸してくれないかというと、返済の見込みがないという問題と総量規制の問題があります。一般的に主婦や学生などの無収入者では総量規制において借りれないと言われることが多いのですが、主婦などの場合であれば配偶者の同意を取れば借りることができるとされています。しかし、個人的な目的の為に借りようとしているのに旦那の許可は取りにくいという人なども多く、そういった場合は事実上借りることができないという状況となっています。(専業主婦の方はこちらも→専業主婦カードローンの申し込み

そこでそういった層に向けて法律のグレーゾーンを抜けるように生まれたのが銀行系カードローンとなっています。どういう仕組かというと総量規制というのは貸金業法によって定められているものでこれは消費者金融などの小規模貸金業者やクレジットカードのキャッシングやローンサービスを対象としている法律なのですが、銀行は銀行法と呼ばれる他の法律の対象となる為貸金業法の対象外となるのです。そこにグレーゾーン撤廃や総量規制で生き残りをかけた消費者金融と事業者向けの融資が落ちている銀行の思惑が一致して、銀行が消費者金融や合併をしたり、合弁会社を制作して今まで本格的に行ってこなかった個人向け融資の世界に参入してきたという事も出てきます。
(⇒カードローンのグレーゾーン金利

その為総量規制対象外のカードローンと言うのが生まれたわけです。ただし単純に総量規制の問題をクリアーしたとしても、会社独自の審査の問題があります。ですので無収入といっても、資産や担保を所有しているや夫や親などの配偶者や保証人が存在すない限り借りることはできません。また、そういった物も必要ないとうたうカードローンもあるのですが、大体の場合がクレジットカードの現金化という違法行為を行う会社なので、利用しないようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.