ブラックでも借りれるクイックカードローン

キャッシングベスト3

ブラックでも通る審査甘いクイックカードローンを知りたい

3年前に自己破産をしまして現在まだブラック扱いを受けていますが、資金がどうしても必要で、カードローンを借入れることを考えています。しかも、できればすぐに資金をほしいと思っているので、クイックカードローンを探しています。多少ワガママで無理なお願いとは思うのですが、ブラックでも通る審査が甘いクイックカードローンってありますか?

そんなカードローンはありません

ご自分でもわかっておられるようですが、あなたがおっしゃっているのはかなりワガママな希望です。そもそも、ご自分がブラックであるということをもっと十分認識していただきたいと思います。ブラックということは、金融機関から信用できないと判断された人だということです。ましてあなたの場合は過去に自己破産をしていますから、その信用を回復するのに最低7年はかかります。そんな立場であるにもかかわらず、すぐに借りれるカードローンを教えてほしいとは虫が良すぎます。(こちらもご参考ください→ブラックリストの専業主婦の場合

あなたがどのような理由で今回資金を必要としておられるかわかりませんが、少なくともクイックカードローンを借りるのは諦めたほうが良いと思います。そして、さらに注意していただきたいのは、あなたのようなブラックで、しかも資金繰りに困っている方は容易にヤミ金融の餌食になってしまう可能性がありますから、安易に「ブラックでもOK」というような貸金業者の誘いに乗らないようにしてください。ただ、中にはブラックでも貸してくれる中小の消費者金融もあるにはありますから、正規の貸金業者かどうかをよく確かめて借りるようにしてください。
(⇒審査激甘のカードローンには裏がある?

ブラックでも通るクイックカードローン審査甘いものはあるの?

ブラックでも通るクイックカードローン審査甘いはあるのかというと、ないことはありません。ただしかなり少なくなるのは致し方ありません。もちろんブラックの内容にもよります。現在遅れや不払いといった債務事故を抱えている、もしくは多重債務で総量規制の範囲も超えているといった内容のブラックなら、まずカードローンの利用は難しいと考えてよいでしょう。それでもOKというなら、違法業者の可能性が高くなるので注意が必要です。過去に破産をして免責を受けた、任意整理を行ったといった、債務整理を行い喪が明けていないことからブラック扱いになっている人であれば、現在の状況で審査してくれる正規の貸金業者はあります。

合法的な貸金業者ですから、過去に対しては不問であっても、現在の状況に対する審査は厳格です。事細かく尋ねられますし、確認書類などの提出もある程度数が多くなる傾向にあります。ごく一般的なカードローンの申込時には、運転免許証や社会保険証もしくは国民健康保険証が確認書類として提出が求められます。場合によっては収入を証明する源泉徴収票や給与明細なども求められることがありますが、この程度です。(こちらも参考に!→在籍確認しない業者は訳あり?)しかし過去を不問としている貸金業者では、戸籍謄本や住民票、年金手帳、役所で貰う所得証明、納税証明書などまで提出しなければならないこともありますし、家賃の遅れがないかなども確かめられることがあります。「今はしっかり生活できている」ということを確かめるためです。違法な金利を要求したり、取立てをするということはありませんから、その分しっかりと審査します。

「ブラックでも通るクイックカードローン審査甘い」ということではなく、審査が柔軟であるという言い回しのほうが適切です。クイックカードローンといえば、即日融資のカードローンを指しますが、このように審査が柔軟なカードローンは、即日は難しいケースも多々あります。審査内容が厚めになることに加え、書類によるやり取りが完了しない限り融資が実行されないことも見られます。地域密着型で来店を求める貸金業者のカードローンの方が、その日のうちに融資される傾向にあります。

【参考ページ】
審査のゆるいカードローン会社のデメリット

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.