審査が甘いカードローンを探す方法

多重債務者になってしまった20代女性です。最初のきっかけは少しの借入だったのですが、気が付くと、4社から借入金額も300万円になってしまいました。現在、借金を返すために借金するという最悪のスパイラルに入っていますが、どうしようもなく、さらなる返済のためにカードローンの借入を考えています。こんな状況ですから、審査が甘いところでないととても借入れることは不可能だと思っているのですが、どうやって審査が甘いカードローンを探したらいいのかもわかりません。ご教授ください。

審査が甘いカードローンは金利が高い

一般的な傾向として、審査が甘いカードローンは金利が高い傾向にあります。そして、カードローンを展開している銀行と消費者金融を比べると、消費者金融のほうが審査は甘く金利は高い傾向にある、といえそうです。(こちらも参考にどうぞ→一番審査がゆるいカードローンは?

ただ、審査が甘いといっても限界があります。カードローンは一定の利用限度額が決まっていてその範囲内で繰り返す借りることができますから、審査も単なる1回限りの融資と違って、相対的に審査は厳しめです。質問者様のような状況ですと、カードローンを作ることはおそらく不可能でしょう。あなたの場合ですと、中小の消費者金融にあたって、わずかの金額をとりあえず1回限り借りることが限界なのではないかと思います。あと考えられるのはローンの一本化か、債務整理なのではないかと思います。このまま自転車操業を続けても問題は解決しません。

審査が甘いカードローンの見分け方

審査が甘いカードローンを探したいと思ったときには、金利を見れば分かります。金利の高いものは審査が甘い傾向があるからです。金利の水準はカードローンによって異なっていて、かなりの幅があります。低いものであれば4%台のものもありますが、高いものは10%を超えるものがあります。高ければ高いほどよいと言うことではありません。法律によって上限が定められていますから、その上限を超えるものは違法な業者となります。ですから、上限を把握しておくことは必要でしょう。この上限は利息制限法という法律によって定められています。

利息制限法では借入金額によって上限が異なり、10万円未満は最大で年率20%、10万円以上100万円未満は最大で年率18%、100万円以上は最大で年率15%となっています。この上限にかなり近い金利を提示していれば、審査はゆるい傾向があります。限度額によってこのような違いがあるということは知っておく必要があるでしょう。例えば、ある金融機関のカードローンは、借入限度額の上限が30万円で、金利が14%台です。30万円であれば法律による上限は15%ですから、14%というとかなり上限に近いと考えられます。ですから、審査はかなりゆるいと考えられるのです。

なぜ金利が審査とかかわってくるのかというと、これは利益に関係していると言えるでしょう。審査がゆるいと、返済ができなくなる人も利用する可能性が高くなります。返済ができなくなれば金融機関は損失を計上しなければなりません。この損失を埋めるためには利益を多く得なければならないのですが、利益は利息収入ですから金利を高くすることによって利息を増やそうとします。このようなことから、審査が甘くなると金利が高くなる傾向があるのです。傾向としては、大手ではない消費者金融は審査がゆるい傾向があります。全国規模ではなくて、限られた地域で営業をしている消費者金融を狙うのが良いと考えられるのです。
(⇒審査が優しいカードローンには裏がある?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.