一番簡単に通るカードローン

カードローンを利用したいと思っている20代アルバイトです。自分がまともな就職もせずに、アルバイトであるにもかかわらずお金を借りようと思っている発想に問題があるということは分かっています。しかし、友人が困っていてどうしても30万円作って貸してあげなければならないのです。それで、わたしのようなアルバイトでも簡単に通るようなカードローンを教えていただけないでしょうか?

簡単に通るのは消費者金融のカードローン

カードローンといってもさまざまあります。この際簡単に分けますと、銀行カードローンと、消費者金融のカードローンと分けることができるかと思います。ざっくりいってしまうと銀行カードローンは消費者金融より借りづらいということになります。なぜなら、銀行は金融機関のトップに君臨するので、もし銀行が融資の基準をゆるめてしまえば、金融業界全体に混乱が生じてしまう可能性がある、ということです。また、銀行は銀行法という法律で規制されており、一定の自己資本比率など厳しい基準によって管理されています。銀行と名のつく金融機関が「簡単に借りられる」となると、それよりも融資基準が低い消費者金融にも当然影響が及びます。

ということで、銀行の審査基準は厳しめですから、簡単に借りられるのは消費者金融のカードローンです。消費者金融といっても、なかに「銀行系カードローン」という会社もあります。これは銀行によって子会社化された消費者金融と言って良いでしょう。この部類の会社も「銀行」と名はつくものの比較的借りやすい、といっていいと思います。
(⇒審査が甘い銀行カードローンを探すには

【参考ページはこちら】
パート・アルバイトでも銀行カードローンを利用できる?

一番通るカードローンはどこでしょう

カードローン業者は今ではどこにでもある、たくさんの業者が出てきました。こういった業者はどこもほかのところにお客を奪われないために、新規の顧客を募集しています。そのために申し込み条件や審査を緩くしているのです。このような状況になった原因は2010年の法律改正にあります。その当時は消費者金融の過酷な取り立てによって生活が困窮してしまう一般消費者が多かったことから、国会は貸金業法の総量規制のw導入を行いました。総量規制とは融資を受けることができる額面を制限し、融資を行うことができる人間を制限する規制で、この時の改正で年収のある方にしか融資wすることはできず、さらに年収の3分の一しか融資できないことになったのです。

そのためこの規制が及ぶことになった消費者金融は経営が困難になりました。そのためいままえはそれなりに審査を厳しくして、しっかりとした返済を行ってくれる顧客を厳選していたのですが、今後は融資を受けてくれるお客を探すという方向にシフトしていきました。そのために現在の消費者金融は審査が簡単になったのです。またこの規制は銀行のカードローンにも影響を及ぼしました。消費者金融の衰退によって銀行の貸金業者同士がつぶしあう結果となったのです。

このようにして現在のカードローンは向かいsと比べると非常のかりやすくなったのですが、それでも多重債務者やブラックリストに載っている亜k谷はなかなか貸してくれません。そういう人は融資を行ってくれる業者を厳選する必要があります。それが一番通るカードローンということになりますが、現在ある消費者金融の中では、プロミスという現在のSMBCコンシューマーファイナンスという会社が一番お客の勧誘に熱心ですので、簡単に融資を行ってくれることが期待できます。銀行では一番新さあ通りやすいのは三井住友銀行です。それはこの銀行はカードローンの審査をプロミスにゆだねているためです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.