銀行カードローンより審査がゆるいのは?

キャッシングベスト3

銀行カードローンより審査の甘いところは?

銀行カードローンに先日審査を申し込んだら、残念ながら落ちてしまいました。特に前もっていろいろと調べたわけではなかったんですが、なんとなく銀行だったら安心だろうな、ぐらいのつもりだったのですが、次回はなんとしてでも、審査に通過したいと思っています。それでお聞きしたいのは銀行カードローンより審査が甘い借りやすいところを知りたいと思っています。教えていただけないでしょうか?

銀行系カードローンなら借りられる

あなたが銀行だったら安心だろうな、と思う気持ちはわかりますが、銀行は金融機関の中でも一番審査が通りづらいと言われています。唯一銀行のみが銀行法という法律で規制されており、厳しい管理化に置かれている、といえるのかもしれません。
(⇒審査がゆるい銀行カードローンはある?

ですから、逆に言えば、銀行カードローンより借りやすいのは他にもいろいろあります。逆にいろいろありすぎて、どこから借りたら良いのか迷ってしまうかもしれません。消費者金融にはさまざまな会社がありますが、おすすめしたいのは、銀行「系」カードローンです。これは実質は消費者金融といっていいんだと思いますが、銀行の子会社化されたため、資本基盤は銀行、という会社のことを指します。資金基盤は銀行ですから、安心して借りれるというメリットが借りれる上、審査基準は銀行カードローンよりもゆるい、というのが特徴です。レイクやプロミスといった会社がそれに当たります。(こちらもご参考に→カードローンの審査に絶対通る方法

それで、まずは複数の会社の審査を申し込むのではなく、1社を選んで審査に臨んでみることをおすすめいたします。

審査の甘い銀行系カードローンはここで見分けよう!

銀行系カードローンの利点といえば、なんといっても利率が安いことが多いという点につきます。また借りる際にもコンビニATMなどでさりげなく借りられるという点も魅力です。気分的に安心できるという点もあることでしょう。しかしながら銀行系カードローンは、その審査が厳しいということがマイナスイメージになっていませんか?申請しても審査落ちしてしまうんじゃないか…そう心配になりますが、もしかしたらそれは杞憂に終わるかもしれません。なぜなら銀行系カードローンには、収入がない専業主婦でもOKだったり、アルバイトや契約社員といった雇用形態の人でも審査に通ることが可能な場合があります。ではそういった審査の甘いカードローンはどうやってみつければよいのでしょうか?

実は私たちの固定観念とは裏腹に、実は銀行系カードローンの方が審査の甘い場合が多いということをご存知でしょうか?実は審査が厳しい理由に「総量規制」という貸金業法が関係してきます。これは借りられるお金が個人の年収の三分の一以下になるように規制される法律であり、消費者がむやみやたらと貸金業者からお金を借りて、破滅してしまわないように規制しているものです。しかしながら銀行系だと貸金業法とは異なる法律の対象となるために、総量規制対象外となるという事実があるのです。つまり逆に審査の甘い場合も多いということが分かります。これは消費者金融にあまり馴染みがない人ほど驚きに感じるのではないでしょうか。

あとはどこに申し込むか…となると、それぞれの特徴を見比べて選別していくことになります。それぞれで「こんな職業の方でも大丈夫」とか「口座をもっていなくてもOK」というような売り文句のほか、当然ながら利率や限度額もかわってきます。返済方法も「いくらまでなら月々1万円の返済」というように返済金額が固定化されている場合もあります。自分が借りやすく、利率が安く、そして返しやすい条件がそろっている所を探して申し込みましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.