審査の易しいカードローンの傾向

やりたい仕事がなかなか見つからないので、アルバイトをずっと続けていましたが、最近ようやく、これだったら自分がやりたいことに近い、というものを見つけました。ただ、その仕事をするためには資格をとらなければならないので、予備校に通わなければなりません。予備校代に100万近くかかりそうですが、どうしてもやり遂げたいと思っています。そして、無事にその仕事に就くことができたら、返済できる見込みはあります。それで、カードローンからの借入を検討していますが、現在のアルバイトという立場を考えると審査がやさしいカードローンからしか借りれないと思います。どうやって探したらよいか、その傾向をどうかご教授願います。

銀行から借りるには難しい、金利が高いが消費者金融は借りやすい

借りやすいカードローンということですが、それを見分ける1つの方法は金利です。一般的な傾向として金利が高ければ高いほど、審査がゆるいといえます。それはなぜかと言いますと、審査をゆるくすればするほど、その会社に集まってくるのはどちらかと言えば、返済能力のない人たちです。そうした人たちは他から借りることが出来なかったので、審査のゆるいところに集まってくるというわけです。(こちらもオススメです→一番審査がゆるいカードローンはどこ?

貸金業者もボランティアでお金を貸しているわけではありませんから、そうした返済能力の低い方たちにお金を貸すにはリスクが伴います。それで、どうするかといいますと、金利を高くして、とれる人から、とれるうちにとっておこう、となるわけです。

この基準からいくと銀行カードローンの金利は低いのですが、審査基準は厳しく、借りにくい、ということになります。

銀行系で楽に借りられる審査の易しいカードローン

消費者金融でお金を借りるにあたって、1番ネックになるのが審査の厳しさではないでしょうか。決められた借り入れ条件はクリアしているからと申し込んでみたものの、なかなか希望額の融資が受けられない、場合によっては審査そのものに落ちてしまったという苦い経験をされた方も、案外多くいらっしゃいます。

その理由のひとつに、貸金業改正法によって新たに施行されるようになった総量規制というものがあります。この総量規制とは、消費者金融業者が融資を行う場合、利用者の年収の3分の1を超える金額の貸付を行ってはならないと法律で定めたものです。つまり年収から換算した一定のボリューム以上の金額での融資を受けたいと思っても、一般的な消費者金融からは融資を行ってもらえなくなり、それに伴って消費者金融で行う、年収による審査も厳しくならざるを得なかったのです。

ただし、このご時勢にあってなお、審査の易しいカードローンも存在しています。それは、昨今よく目にする大手銀行系のカードローン商品、あるいはフリーローン商品といったものです。何故これらの銀行系カードローンの審査が易しいのかというと、銀行系のカードローンやフリーローン商品は、前述の総量規制を受けないためです。銀行はこれらの商品の紹介を、提供先である金融業者に一任しており、実際の申し込みから契約までの作業は金融業者が行うことになります。従って、カードローンの審査も金融業者の範囲内で行われるため、審査には受かりやすく、それでいて年収から算定された総量規制の重圧は受けなくて済むのです。つまり、借り入れ側には、大手銀行のネームバリューを冠した安心感あるカードローンで融資を受けることができ、さらに審査でも苦い思いをしなくてすむといった2つのメリットがあるのです。

銀行系カードローンといっても、申し込みから審査、本契約までインターネットやスマートフォンを使って手軽に行えるものが増えており、契約作業面でのデメリットは全くありません。銀行系カードローンは、これからもさらに便利なローン商品として浸透していくでしょう。
(⇒審査が緩い銀行カードローンはこちら

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.