銀行カードローンで審査緩い所を知りたい

カメラが趣味なのですが、今度、新しいモデルの一眼レフを買い揃えようかと思っています。それでカードローンからの借り入れを現在検討しているところです。予算は50万円くらいです。詳しくいろいろと調べたことはないのですが、なんとなく借りるなら銀行というつもりでいます。銀行から借りるのが一番安心というイメージがあるからです。それで、銀行カードローンで審査の緩いところを知りたいのですが、教えて下さいませんか?

ネット銀行の審査はゆるめ

銀行というと基本的には審査が厳しいことで知られています。消費者金融が貸金業法によって規制されているのに対して、銀行だけが銀行法という法律によって高度に管理されているからです。ですから、誰でも簡単に銀行を名乗ることができるわけではないわけです。非常に厳しい条件をクリアーしてはじめて銀行の看板を掲げることができるようになります。
(⇒審査が厳しいカードローンに申込んでも平気?

ですから、銀行はある意味ブランドなわけです。消費者金融から借りて威張る人はいませんが、特に会社などは銀行から借りれた、ということ自体、それなりの信用を社会から得ることができた、と誇ることができます。

銀行カードローンも同じく貸金業者に比べて借りるのが難しく、審査が厳しいと言われていますが、例外もあります。それはネット銀行です。ネット銀行も銀行と名乗る限り銀行であることは間違いなのですが、審査は若干通りやすいと言われています。それで、どうしても銀行にこだわるなら、ネット銀行の1つをセレクトしてみて、審査を受けてみてはいかがでしょうか?

銀行カードローンの審査緩い所はどこか

カードローン業界は今低迷しているといわれます。その理由は2010年の貸金業法や利息制限法の改正により、消費者金融や銀行のカードローン業務は従来ほど簡単に利益を得ることができなくなっているためです。この改正では貸金業法に総量規制というものが盛り込まれました。その規制は年収の3分の一以上の融資を行うことはできず、また年収を持っていない専業主婦や学生の方は融資を受けることができなくなったのです。また利息制限法によって法定利息以上の利子を契約で合意したとしてもそれはその時点で無効となることに決まったため、利息で儲けることは難しくなったのです。

この総量規制は消費者金融にしか及びませんので銀行のカードローン業務には影響がないと思われるかもしれませんがそのようなことはなく、業界全体への衝撃であったのです。消費者kン優雅衰退すると、その分銀行のカードローン行が台頭してくることになります。そのため銀行のカードローン行同士の粒試合が生じ、業界全体でお客を奪い合う結果となっているのです。そのため銀行のカードローンもお客を獲得するために、お客に対するサービスを充実させることに余念がありませんし、その申し込み条件や審査もできるだけお客さんに融資を受けてもらえるように、ゆるくなっているのです。

なかでも銀行カードローンの中で審査緩い所と考えられるのはメガバンクでもある三井住友銀行です。メガバンクであれば審査は厳しいのではないかという印象がありますが、それは法律改正までのことで今では審査がゆるくなりました。それは光次住友銀行は消費者金融であるプロミスを子会社とすることで、SMBCコンシューマーファイナンスとして、生まれ変わらせて三井住友銀行のカードローンの審査を委託しているのです。これによって三井住友銀行はプロミスのノウハウをそのまま自分のものとして利用することができるようになったかわりに、その審査は消費者金融並みの緩さとなったのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.