総量規制対象外でカードローン審査ゆるいところありますか

親の事情でまとまったお金が必要です。しかし、もうすでに2社から60万円近い借入があります。私は現在会社員として働いていますが、年収は平均よりも低めです。総量規制対象外で審査が緩いカードローンってありますか。もしもご存じの方がいたら教えてください。

総量規制の対象外だと銀行のカードローンになります

総量規制対象外のカードローンをお探しでしたら銀行のカードローンしかありません。消費者金融系や信販系のカードローンの場合ですと総量規制の対象となってしまいます。銀行のカードローンは総量規制の対象外なのですでに借金があってもいくらでも借入できると考えている人がいますがそうとは限りません。銀行の審査は厳しいのですでに複数の会社から借入がある場合は審査には慎重になります。他に借金があれば新たな借入をしてもきちんと返済できるかどうかはわからないからです。

銀行のカードローンは一般的に消費者金融のカードローンに比べると金利が低いです。消費者金融の金利が17.8%というのに対し、銀行は15%前後が多いです。金利が低いとそれだけ申し込みも多いですが、返済見込みのある相手にしかお金を貸しません。とくに大手都市銀行は近年とくに個人向けカードローンに力を入れていますが、それでも誰にでも貸付を行うわけではありません。銀行のカードローンで審査がゆるいところを探しているのなら、まずは大手都市銀行でなく、ネット銀行をチェックしてみましょう。

ネット銀行は店舗を持たない銀行ですが、金利が低く、審査に通りやすいので近年人気が高まっています。窓口がないならどうやってお金を引き出すのか疑問に思う人が未だにいますが大手銀行のATMやコンビニを利用できますので不便なことはありません。ネット銀行の中でも今最も人気があるのが楽天銀行です。楽天と言えばらネットショッピングや野球が思い浮かぶと思いますが、どちらも繁盛していて、今最も勢いのあるグループです。楽天銀行のカードローンは金利が4.9%~14.5%で最大500万円まで借入することができます。また200万円まで収入証明が必要ありません。コンビニで返済できて手数料無料。またおまとめローン、借り換えローンにも力を入れています。その上収入があればパートやアルバイトでも借入可能ということで人気があるのがわかる気がします。

楽天銀行以外にも住信SBIネット銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行なども金利が低く、カードローンの人気が高いのでチェックしてみてください。

総量規制対象外のカードローン審査ゆるいところあります

総量規制というのは2010年に貸金業法の中に盛り込まれた消費者金融の融資額に対する制限のことで、この法律では年収のない方に融資を行うことは不可能となり、また年収の3分の一以上を融資してはならないことに改正されました。この法律改正の背景には、消費者金融が返す見込みのない主婦や学生といった無職の方に融資を行うことで過酷な取り立てや高金利で日常生活を壊してしまうことに配慮して、そのようなことが起こることの内容に、無茶な融資を制限した規定です。

この規定によって消費者金融は仕事がやりにくくなり、利益を上げるために客を増やす頃が重要となってきました。しかし銀行は、総量規制対象外となったので、銀行系列のカードローンはその影響力を伸ばしてきました。しかしそうなると銀行がカードローンで一方的に設けることができるわけではありません。この改正が行われたということは国が収入のほとんどないものに対して融資を行うということは違法だと明言しているようなものですので、銀行が主婦や学生といった方に高金利で融資を行うことになれば、今度は銀行にも総量規制が及ぶこととなり業界全体が沈んでしまいます。

逆に銀行であればそんなことはしないだろうという信頼のもとにこのような規制が作られたのですから、銀行はこのようなことは行わなくなりました。しかしそうなると銀行も金融業が難しくなることは必然ですので、お客の獲得には苦労をすることとなりました。その結果銀行のカードローンも審査や申し込み条件を緩くすることで顧客の門戸を増やすことを考えているのです。そういったわけで今では消費者金融だけでなく銀行までもカードローン審査ゆるいところになっています。しかしだからと言って無計画に融資を受けると生活が困窮してしまうことには変わりがありませんので、融資が簡単になってもしっかりと計画的に融資を受けるようにしましょう。総量規制はそこまで考えているのです。
(⇒銀行は本当にカードローン審査が厳しいの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.