審査のゆるいカードローン会社のデメリット

カードローンに関してはみんな審査がゆるいところから借りようとしますよね。それで素朴な疑問なのですが、そんな風に審査が緩いところから簡単に借りて何のデメリットもないのでしょうか?常識的に考えると、ある種のメリットを受けているなら、それと同等の、あるいはそれを上回るデメリットが隠れている危険性があると思うのですが。

デメリットは金利が高いこと

あなたが仰るとおりです。緩い審査の会社から借りる人は必ず何らかのデメリットを被っているとかんがえるのが道理にかなっていますよね。

わたしが考えるに2つのデメリットがあると思います。1つは借りやすいがゆえに、借金に対する敷居がどんどん低なってしまう、ということです。銀行カードローンの会社によってはキャッシュカードとローンカードが一体化しているようなものもあるので、人によっては一体自分は今自分のお金を引き出しているのか、借金をしているのか混乱してしまうようなのです。そんなライフスタイルを送っていると必ずどこかで帳尻を合わせなければならなくなってしまいます。

そして、もう1つのデメリットは金利が高い、ということです。貸金業者から考えてみますと、借りやすいということはそれだけ返さなくなる可能性が高い、ということですから、お金を貸す側としてもそれなりの対抗策が必要ですよね。それが金利を高くする、ということなのです。

こうしたデメリットも踏まえておくと正しい判断が下せるはずです。
(⇒カードローンを申込むことのデメリット

審査のゆるいカードローン会社についての注意点

キャッシングやカードローンを利用したいと思っている人の中には、審査のゆるいカードローン会社を探している人は少なくありません。なぜなら、どんなに素晴らしいカードローンであったとしても、申し込んでもその審査に通らなければ何の意味もないからです。結局、実際に金融機関からお金を借りるためには、その会社の審査に通るということが大前提になるのです。ただ、審査のゆるいカードローン会社を探すという行為には、あまり重きを置かないようにするのが賢明です。と言うのも、誰にとっても審査のゆるいカードローン会社などは存在しないからです。そもそも審査がゆるいか厳しいかは、申し込み者の属性との兼ね合いで決まるのです。

ですから属性が人並み以上に素晴らしく高い人にとってみれば、どんな金融機関も審査がゆるい会社になるのです。逆に、属性が極めて低い人にとってみれば、どんな金融機関も審査が厳しいということになるのです。ですから属性が最低レベルの場合は、どこの審査にも通らない可能性が高いということです。そう考えると、審査のゆるいカードローン会社を探すよりも、自分の属性をアップさせる努力のほうが大切だとも言えるのです。ただし、一般的な傾向として言えることは、銀行系のカードローンは審査は厳しいことが多いです。銀行は銀行法の適用を受けている金融機関であり、貸金業法の適用を受けている消費者金融などよりも審査は厳しい傾向があります。それゆえ、審査のゆるいカードローン会社を利用したいと思ったら、はじめから銀行系は選択肢から外しておくと時間の節約になると見込めます。

また、審査のゆるい会社ばかりを熱心に探していると、闇金などの悪徳金融に引っ掛かってしまう危険が高くなります。たとえどんなに審査がゆるくても、絶対にそんなものには手を出してはいけません。「誰でも即、現金」などの甘い誘い文句を出している無名の怪しい業者もまた、はじめから選択肢から外しておくのが無難です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.