どんな方でも作れるカードローンがあるって本当?

ネットで情報収集していたら、「審査が激アマのカードローン」とか「誰でも簡単に作れるカードローン」といった宣伝文句をたくさん目にします。まだ私はカードローンを借りたことがないのですが、カードローンって本当にそんなに簡単に借りれるものなのでしょうか?どんな人でも作れるカードローンって、本当に存在するものですか?

それは単なる宣伝文句に過ぎません

あなたもうすうす気づいておられると思いますが、そんなものがあったら、貸金業者も商売上がったりになってしまいますよね。例えば、銀行口座をつくる、とかキャッシュカードを作るのは基本的には誰でもできます。なぜなら、そこ預けるのは自分のお金だからです。銀行は口座を開設して手数料をいただくだけで、なにも損をしません。

しかし、カードローンは平たくいえば借金です。貸した側は別にボランティアでやっているわけではありません。貸したお金から更に利息をとって儲けているわけです。ですから、貸した元本にプラスして利息までとるためには、相手の側にある程度の返済能力がないと成立しません。ましてカードローンの場合は一定の利用限度額内で借り入れと返済を繰り返し行う融資形態です。つまり1回借りて終わり、というわけでなく、継続的な金銭貸借関係になるのです。ですから、よりいっそう安定した収入が大事ということになります。

ですから、安定した収入がカードローンから借りるための必須条件です。だれでも借りれるなんていうカードローンはありえませんし、その情報を発信しているのはかなりの確率で怪しい輩たちである、ということ、つまりはヤミ金と呼ばれる人たちであることを覚えておきましょう。

【参考ページはこちら】
審査が優しいカードローンには裏がある?

どんな方でも作れるカードローンは存在するのだろうか

どんな方でも作れるカードローンは存在するのだろうかと聞かれたら、答えは「NO」という事になるのではないでしょうか。その理由はどんな人にもお金を貸していたら、お金を貸した業者はその人が破産をした時に大きな損害を被る事になるからです。破産をしてしまった後に債権を回収する事は容易ではないようです。

その為にもカードローンの申し込みに対する審査はしっかりと行うようです。従って審査結果によって申込みを断る事もある事から、どんな方でも作れるカードローンは無いと言えます。審査の際に過去にローンの返済を延滞している等の事実があれば審査に通らないばかりか、俗に言うブラックリストに知らない内に載っている可能性もあるようです。そのような方はカードローンの審査に通り難くなるので注意が必要です。(こちらもご参考ください→審査が緩いカードローンはどこなの?

ブラックリストは実際に存在するわけではありませんが、返済の事故として記録をされている為に、カードローンの申込みの際の審査に通らない可能性もあるようです。ブラックというと申込みブラックもあります。審査の基準は銀行などの金融機関によってまちまちとなっている為、1つの金融機関の審査に落ちても次に他の金融機関の審査を受けた場合には通るという事もあるようです。だからと言って1か月の内に何度も申し込みを重ねる事で申し込みブラックという事になる可能性もあるようです。その状態になると審査に通り難い状態となるようなので、1度申し込みをして審査に落ちた時には、一定の間隔を置いて再び申し込みをしてみると良いようです。

また反対に今まで一度もローンの申し込みをした事が無い、クレジットカードを使った事も保有をした事もないという場合には、ブラックでは無くホワイトとして審査の際にも敬遠をされるようです。本人にしてみれば単に今まで必要が無かったという事がその理由であるかも知れませんが、審査をする側から見ると信用が無くてクレジットカードを持つ事が出来なかったというように見られる事もあるようです。肝心な時にローンを組めるように、普段からクレジットカード1枚位は持っていた方が良いという事です。カードローンを組む為には、普段から信用を与えられるお金の使い方をする必要がありそうです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.