カードローンの中で、審査が甘く、入りやすい会社

友人がカードローンから時々キャッシングしてて、わたしにもしきりに勧めてきます。便利だから借りてみろ、というのですが、わたしはいくつかの理由で二の足を踏んでいます。1つの理由はカードローンとは言いますが、借金ですから、手を出すのはどこか危ない、怖いという気持ちがあります。そして、もう1つは審査があるとのこと、多分自分だったら通らないのではないかと思っていることです。それで、もし、信頼できる会社で、審査が甘く、入りやすい会社があれば借りようかと思っているのですが、そんな虫のいい私の願いを満たしてくれるような会社ってありますか?

いわゆる銀行系カードローンがお勧め

信頼できるという観点でみれば、やはり大手の会社が安心かと思います。貸金業者はピンからキリまで、規模も大手から中小までいろいろあるのですが、大手はやはりネームバリューがありますので、信頼を失うことに対してすごく敏感です。ですから、変なこと、つまり詐欺まがいようなことをすることはありませんので、安心して借りられると思います。

特にいわゆる銀行系カードローン、例えばレイクのような会社は信頼できる大手だし、またもともとは消費者金融なので、審査基準もそんなに高くなく、借りやすいと評判です。ただ、審査が緩めだということは、金利が高いので、借りるにあたっては自分がどれくらいの金利を支払わなければならないのかをよく計算して借りるようにしてくださいね。
(⇒審査が緩めのカードローンをお探しの方はこちら

融資対象に入りやすいカードローン

カードローン業者から融資を受けるのは簡単になったといわれます。それは昨今の貸金業法や利息制限法の改正によって、貸金業者同士の粒試合が激化して、どの子業者もお客の奪い合いに非常に熱心となっていますので、お客にはできるだけ融資を受けてもらって自分のところと契約してもらおうと考えているのです。そのためカードローン業者の審査は簡単になったといわれていますが、それでも申込み対象は制限されていますし、その審査の際にはしっかりと返済能力や信用情報が調べられます。

この申込み対象に入りやすいカードローン業者としては、なんといっても消費者金融が銀行よりも上に来ます。昔から消費者金融は銀行よりも高金利の代わりに融資を受けやすいとなっていますが、それが昨今の金融業界のお客の奪い合いにより金利もできるだけ少なくなり、申込み対象も秘奥に広く広げているのです。具体的には通常のカードローン業者ではその申込み対象を20歳から65歳までとしていますが、消費者金融では70歳までとしているところもあります。これは人によっては60歳で定年となって働かないという方もいますが、それでも年金受給者は収入があるといえますし、また70歳まで働こうと思っている方は、当然に安定した収入があることになります。

そのため消費者金融によっては70歳まで申し込み対象を広く考えているのです。また通常は日本国政を持っている方に限定して融資を行っています。その理由は外国人の方に融資を行ったとしても本当の国に帰ってしまった場合は距離的に離れてしまうことになりますので、返済の請求を行うにも国際電話を掛けたり、パスポートを持って海外旅行をしなければならないのであれば非常にコストがかかってしまいますので、返済を受けないほうが逆に低コストとなりますので、結局返済を受けられないということになるのです。しかし特別永住者や在留カードをもって日本にいる方ならばすぐに帰るということは考えられませんので、融資の対象に入ると考えているのです。

【参考ページはこちら】
簡単審査で在籍確認もないカードローン

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.