銀行カードローン在籍確認は避けられる?

先月、出費が立て込んで、今月は給料日までどうやらお金が持たなそうなのです。それで、銀行カードローンからの借り入れを考えています。なぜ銀行から借りたいのか、具体的な理由はありませんが、やはり消費者金融というとサラ金というイメージがあって、なんだか怖い、借りたくない、という印象があるんです。銀行だとやはり信頼できる感じがするんです。それで、銀行カードローンからの借り入れをして、なんとかこの金欠を乗り切りたいと思っているのですが、ただ、心配なのが在籍確認です。職場に電話がかかってきて、自分がカードローンを借りようとしていることがわかってしまうと、気まずいので、できたら回避したいのですが、銀行カードローンは在籍確認を避ける事ができますか?

在籍確認無しなら、銀行系カードローンがお勧め

銀行カードローンは審査基準が高めであることはご存じかと思います。あなたも銀行に対して漠然と「信頼できる」というイメージを持ってられるようですが、確かに銀行はブランドがありますし、実質的にも銀行法によって高度の管理を受けていますので、それなりの信頼性は担保されていますし、またそれを担保し続ける義務があるのです。

そして、在籍確認もその1つと言っていいのかもしれません。最近では在籍確認無しの会社を見かけることが増えましたが、銀行カードローンがその中に含まれていることはほとんどないかと思います。おそらく在籍確認なしのほとんどが消費者金融や、銀行「系」カードローンと呼ばれている会社です。

銀行はそうやって一定水準の審査基準を保持していますから、もし銀行カードローンから借りたいというのであれば、職場にかかってくる電話を気にしすぎないということでしょうか?相手も自分が「カードローンの審査目的」でかけてきている、なんていうこともありませんから。

銀行カードローン在籍確認は?会社に電話が入っても大丈夫です

急に家の電子レンジが壊れた、という時、人はどうするでしょう。一人暮らしの長い人などでは、電子レンジのない生活など考えられないという場合もあります。一刻も早く、新しい電子レンジの購入を考えるでしょう。しかし、今、急に数万円の出費は痛い、といった例もあります。たかが数万円とは言え、今月、何か別で大きな出費があった時などは、お金がないわけではなくても、苦しいものです。そんな時に便利なのが、銀行カードローンです。

ローンというと、住宅ローンや教育ローンといったイメージがありますが、カードローンは、お金の使途は基本的に自由です。あらかじめ、その人の収入等に応じて、借り入れ可能な金額の枠を契約します。例えば10万円と枠を決めた場合、この10万円までならば、いつでも自由に借り入れできるというものです。電子レンジが3万円程度だったとすると、残り7万円までなら、また別の用途で借り入れ可能です。返済中に別の出費が生じた場合は、またこれも10万円の枠までなら借り入れすることができます。通常のローンと根本的に違うところは、借り入れの都度、いちいち審査や契約のし直しをしなくても良いという点です。預貯金感覚で使える、お手軽なローンと言えます。

しかし、ローンの契約である以上、最初の契約時点では審査があります。「銀行カードローン在籍確認は?」との声が、よく聞かれます。在籍確認とは、ローンを組む際に、勤務先に本当に本人が在籍しているかどうかを確認する電話です。つまり、勤務先に電話がかかってくるのです。誰が電話を取るかは分かりません。このため、もし在籍確認の電話が入ったら、自分が借金していることが会社にバレてしまう、と不安になる人もいます。しかし、大丈夫です。銀行は、その人が借金をしようとしていることを、会社に伝えるのが目的ではありません。在籍しているかどうかだけ知りたいのです。ですから、電話では個人名を名乗ったり、カードローンの旨には触れずに、単に銀行名だけ名乗ったりなど、自然な形で在席確認をするので、電話に出た人も何も不審に思うことはありません。「今席を外しています」という返事だけでも、在籍確認になります。万が一、電話に出た人に何か聞かれたら、「クレジットカードの在籍確認です」とでも応えておけば良いのです。

【参考ページ】
どんな人でも作れるカードローンがあるって本当?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.