在籍確認のかわりに書類審査でOKのところ

キャッシングベスト3

カードローンの在籍確認を書類審査でできるところ

20代アルバイトで、法律事務所で働いています。仕事柄、借金がどれだけ人の人生を狂わせるかをよく聞くことがありますが、それを分かっていながらも、親が癌で入院してしまったので、治療のためにまとまったお金が必要になりました。保険で一部はカバーできますが、それでも出費はかなりなので、カードローンで資金を賄おうと思っています。カードローンは在籍確認があることは知っています。それで、書類審査で代替してもらえるところから借りたいと思っているのですが、借りやすい、おすすめの会社を教えてもらえないでしょうか?

書類で代替出来る会社はいくつかあるが、お勧めはモビット

消費者金融の中には書類の提出によって在籍確認を省略できる会社がいくつかあります。提出する書類としては本人確認のための書類はどうしても必要になります。免許証や健康保険証などです。それに加えて収入証明、例えば直近数ヶ月の給与明細や、源泉徴収票、あるいは給与証明などです。それらの書類自体を準備するのにやや手間がかかりますが、準備さえすれば、在籍確認は必要ありません。ネットでそうした書類を添付して送れば良いのです。その中でも特にお勧めなのは、この点での先駆け、モビットです。モビットの WEB完結サービスです。このサービスであれば、申し込みから借入まですべてネットで完結します。
(⇒在籍確認なしのカードローン会社

ただ、あなたの事情を伺うと、多額の医療費が必要とのことですから、カードローンよりも銀行から医療ローンを借入れるのもひとつの方法かと思います。医療ローンは金利は低めです。ただ、審査は若干通りにくくなると思いますが。あるいは公的扶助の制度が利用できないかも聞いてみましょう。

詳しく知りたい!カードローンの書類審査と在籍確認

買い物に出かけて、どうしても欲しいテーブルを見つけたものの、今、手元にお金がないということもあります。預金をおろしてくれば済む話ですが、最近、別の臨時出費があり、今はおろせないということもあります。そのような時には、カードローンがあれば非常に便利です。カードローンとは、銀行や消費者金融などで、あらかじめ金額の枠を決めて、その金額までならば、いつでも自由に、キャッシュカードの感覚で出し入れできる借り入れのことです。今や、銀行のATMのみならず、コンビニのATMでも利用ができるほど、一般的なものとなっています。

しかし、いくらお手軽とは言え、これは、クレジットカードとは異なり、利息のついた借金をする行為でもあります。金融機関から借金をするときには、必ず審査というものがあります。カードローンの審査は、大きく、書類審査と在籍確認に分かれます。書類審査については、一般的に金額の枠が50万円未満ならば、身分証明書だけで大丈夫です。できれば、健康保険証に加えて、免許証やパスポートなど顔写真付きのものも添付すれば、信用が上がります。枠が50万円以上の場合は、収入証明書が必要です。給与明細や源泉徴収票など、安定収入があることを証明するものが必要です。身分証明書、収入証明書、いずれの場合でもコピーで大丈夫です。

次に在籍確認ですが、これは借り入れをする人の勤務先に、金融機関が電話をして、本当に在籍しているかを確認する作業です。借金をしようとしていることを、勤務先に伝えるのが目的ではありませんので、在籍が確認できれば、それだけで終了します。(こちらも参考に!→在籍確認の目的について詳しく)「〇〇は今席を外しております」という返事だけでも、在籍確認が取れたとされます。電話では、銀行名のみ、もしくは個人名を名乗りますので、借金をしようとしていることが、会社に漏れることはありません。急な出費は、誰にでもあるものです。人生は、急に何があるかは分かりません。だからこそ、今は使う予定がなくても、カードローンを契約しておいて損はありません。もちろん、借り入れをしなければ、利息も手数料もかかるものではありませんので。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.