カードローン、在籍確認ないのっていいことばかり?

カードローンで同僚や職場の上司にばれることが怖いので、在籍確認なしのところから借りようと思っています。確かにそうするとバレる危険性がない、という点では良いのですが、さらに心配なのは、本当にいいことばかりなのか、ということです。それなりのリスクもあるのでは、と思っているのですが、実際はどうなのでしょうか?

傾向としては金利が高めになります

あなたの思考パターンはなかなか鋭いと思います。世の中、特にこの商業社会が提供するもので、メリットばかりのものは存在しません。メリットがあれば、それなりのリスクを負わなければならない、というのが正しい見方です。

さて、在籍確認なしは借りやすいというメリットは確かにあるのですが、では、どういうデメリットがあるのでしょうか?1つ考えていただきたい傾向として、在籍確認なしにしている銀行はほとんどない、ということです。それはなぜでしょうか?理由は簡単です。それはリスクが高まるからです。一般的な傾向として、銀行の審査基準は消費者金融よりも通りにくいとされています。銀行は貸し倒れになるようなお客にお金を貸したくないのです。

では、消費者金融がそれでも在籍確認をナシにしてもまでも、リスクを負って、融資をするのはどうしてでしょうか?それは銀行と差別化をもうける必要があるからです。しかし、貸し倒れのリスクを回避するためにはそれなりの対抗策が必要です。それが金利を高くする、ということです。

ですから、在籍確認無しの会社はどこも金利が高めです。そのデメリットをよく念頭において借りるようにしてください。

【参考ページはこちら】
知っておくべきカードローンのメリット・デメリット

在籍確認ないカードローン申込みについて

カードローンの申込みで勤務先に電話されるのはちょっと困る、しかしお金は借りたい、できれば在籍確認ないところで借りたいという要望がある人もいます。とくに会社に電話されても気にしない人であれば問題ないのですが、中には借金がバレかもしれないと不安になります。審査担当者の個人名に電話をかけて消費者金融の会社名を名乗ることはないのですが、普段個人あてにめったに電話のかかってこないような職場であると、そうのような電話があると金融機関で借り入れの審査だと勘のいい方は分かってしまうこともあります。

探せば、在籍確認がないカードローン会社はあります。これは厳密にいうと、まったく在籍確認をしないのではなく申込み者の申告だけを信じて借入に応じるわけではなく、電話で勤務先にかけて在籍確認はしないということになります。最近では在籍確認を電話で行わない会社も増えてきたのですが、電話確認をしないかわりに提出する書類があります。源泉徴収票や顔写真付きの身分証である運転免許証、社会保険証または組合員保険証、などです。源泉徴収票や社会保険証は、会社勤めしていないと発行されない書類でありますので、これらを提出することで、在籍確認とします。

そのため、保険証の種類が国民健康保険証の方だと、原則は電話での在籍確認になります。在籍確認がないカードローンは、ありません。必ず審査では在籍確認があります。それが、電話で確認するか書類で確認するかになります。また、カードローンの限度額を増額する場合も在籍確認があります。審査の結果増額が可能の場合に行うのですが、最初に契約した時ととくに勤務先に変更がなければ、電話での在籍確認は免除になります。そのまま契約手続きへとすすみます。しかし、最初に契約した時と転職などをして勤務先が変更になっている場合、電話での在籍確認が行われます。変更がなくても前回在籍確認したときから年数が経過しているときは再度確認がある場合もあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.