カードローン在籍確認の目的

結婚を考えている20代サラリーマンです。結婚費用を頑張ってためてきたのですが、思った以上にお金がかかり、このままでは資金が足りなくなりそうです。それでカードローンからの借り入れを考えてます。友達もカードローンから借りているようで、話を聞いてみたのですが、審査の際には在籍確認という手続きがあって、会社に電話がかかってくるんですよね。一体、なんでそんなことをするのでしょうか?在籍確認の目的っていったい何ですか?

在籍確認の目的はあなたの勤務状況の確認

カードローンの借り入れに先立って、まずはネットなりで申し込みをすると思います。その際、さまざまな個人情報を相手に申告することになります。あなたの勤務先、年収、家族構成、居住状態、資産状況、他からの借り入れがあるのか、などです。

中にはこの申込の際に、知ってから知らずか嘘を書いてしまう人がいらっしゃいます。その気持ちはわかりますよね。できるだけ審査を有利に進めたいと思って、実際と違うことを書くわけです。しかし、お金を貸すほうにとってはそれが事実かどうかを確認することは非常に大事です。特に勤務先が一部上場企業のはずが実際にはコンビニでアルバイトなんてことになれば、収入は天と地の差があります。

そこで貸金業者が行う在籍確認とはあなたが本当に申し込みの際に申告された会社で働いているのかを確認することにあります。それを確認することによって、あなたの返済能力を担保しようというわけですね。
(⇒在籍確認なしのカードローンを知りたい

余談ですが、あなたは結婚資金が足りないとおっしゃていますので、カードローンもいいですが、銀行のブライダルローンから借りるという方法もあります。そのほうが金利は低めです。

カードローン在籍確認で書類を提出する必要はない

カードローン在籍確認で書類を提出する必要はありません。カードローンは他の融資のサービスと異なって特殊なサービスになっています。本来、融資のサービスと言うのは大型のサービスが基本となっているのですが、消費者金融が提供するサービスでは一般人に対する少額融資を中心にサービスを提供しているのです。これにより、普通の融資とは異なった法律が適用されることになります。

少額融資のサービスでは、消費者を保護するための法律が非常に多いです。これは融資の枠の規制や利息に関する制限が代表的なものだと言えます。こうした法律的な保護があるからこそ、他の融資のサービスと違って金融機関から難しい審査をしなくてもお金を借りることが出来るようになっているわけです。実際、在籍確認もその一つだと言えます。カードローンのように最初から法律的な安全性が担保されているサービスでは、金融機関に対して提出する書類がほとんどありません。提出しなくてはいけないのは自身の身分を証明するための書類一つだけです。こうした書類も携帯端末のカメラで書類を撮影してメールで送信することによって、審査を終わらせることが出来るようになっているのです。もちろん、それで審査は通ります。(こちらも参考にどうぞ→書類で在籍確認をクリア

在籍確認と言うのは所得の証明を行うための審査なのですが、実は確認されることは一つで本人がその会社に存在しているかどうかの一点なのです。これは会社の人が電話に出たとしても本人がその職場にいることがわかれば審査に通るようになっていますので、本当に仕事をしている人であるのならば絶対に落とされる審査ではありません。また、在籍確認では金融機関からお金を貸す消費者金融であるということを絶対に名乗ることはありません。架空の人物や担当者本人の名前を出して確認することになりますので、お金を借りる人のプライバシーにもきちんと配慮が行っているわけです。カードローンの申請ほど簡単に出来る融資のサービスはありません。
(⇒もし在籍確認をごまかしたらどうなる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.