カードローンの在籍確認のときにごまかしたらどうなる?

カードローンからの借入を検討していますが、在籍確認が心配です。とにかく心配なのは上司や同僚に自分が借金をしようとしていることが知られるのではないか、という不安です。実際には大丈夫、という方がおられますが、自分はどちらかというとくに心配性なので、なんとか方法はないかと思っています。それでいま考えているのは、申し込みの際に自分が借金をしようとしていることを知っている友人の事務所に電話をかけてもらうようにして、友人にわたしの振りをしてもらう、ということです。ある種のごまかしかな、とも思いますが、うまくいきますでしょうか?

ごまかしても結局はバレてしまいます

心配な気持ちはわかりますが、どんな場面でも嘘をついたり、ごまかしたりすると長い目でみると良いことはありません。特に借り入れの場合は在籍確認以外にも種々の書類の提出などによって、あなたが本当に信頼できる人かどうかがチェックされるわけです。お金を貸す側ももしあなたにお金を貸して、貸し倒れになってしまったら損をしてしまいますから、必死なのです。例え、在籍確認でごまかすことができたとしてもあとで本人確認の書類などを提出して結局はばれてしまうという可能性はかなり高いです。

それで、おすすめしたいのはなんとかごまかして審査を乗り切ろうというよりは、在籍確認のない会社を探してみるのはいかがでしょうか?消費者金融の会社のなかには在籍確認なしで収入証明などの書類の提出によって、借入が可能、というところがありますので、まずはそうした会社のホームページなどを調べてみてはいかがでしょうか?

カードローンの在籍確認のごまかしができるのでしょうか

カードローンの審査の時に行うのが在籍確認です。勤務をしている会社にカードローン会社のスタッフが電話をかけてきてその会社に所属しているのかを確認するのですが、これはごまかしはできるのでしょうか。在籍確認は電話による確認ですし実際にスタッフが会社に訪問をして確認をするわけではありません。それなら無職の方でも勤務していない会社勤務していると嘘をつき、友達などに頼んで自分のふりをして確認に応じてくれるようにと頼むことも可能と思われるかもしれません。

カードローンでも契約によっては給料の証明書類が不要な場合もありますのでごまかすのは実際にはそれほど難しいものではありません。しかもスタッフとは一度会っただけですので声の違いが判別できない場合もあります。ですのでごまかしが可能といえば可能なように思われます。確かにそれはできるのです。カードローン会社は在籍確認に関してはある程度相手を信頼するという方向で貸し付けをしているのです。嘘はついていないという前提でお金を貸してくれているものだと思ってください。

しかしそのごまかしはいつまでも通じるわけではありません。例えば滞納してしまった場合には会社の給料を差し押さえすることもあるのですが、その時に元々勤務していなかったということがばれることもあります。嘘がばれた場合は大変です。(こちらも参考にどうぞ→在籍確認の時に嘘をついてもいい?)もちろんカードローンの契約はなかったことになってしまいますが、大変なのは今まで借りた分をすぐに一括で返済をしなければいけないということです、この場合には他の金融会社から借りて返済をすることになるのですが、嘘をついて契約をしたという情報が出回ってしまいます。

信頼には傷がつきますのでどこからでも借りられなくなってしまうのです。契約したときには本当に仕事をしていてあとで無職になってしまったという場合でも契約が更新されなくなることもありますが分割返済は継続されます。人に信頼を壊すようなことは絶対にしてはいけません。会社はせっかく信頼をしてくれているのですからそれを裏切ってはいけないのです。便利な魅力的なサービスですので嘘偽りなく借りてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.