専業主婦がカードローンを利用できる理由

キャッシングベスト3

専業主婦がカードローンを利用できる理由とは

専業主婦が利用できるカードローンがあると聞きました。カードローンは借金ですから、自分の収入があって返済できる人じゃなきゃ利用できないんじゃないですか?

どうして専業主婦でも利用出来るカードローンがあるんでしょうか。何か特別な理由ってあるんでしょうか。

カードローン利用時には配偶者貸し付けという制度が利用可能!

カードローンを利用するときには収入が必要というのは原則です。これは間違いありません。収入が無いと返済することが出来ませんからね。ですが、実際専業主婦が利用出来るカードローンというのもあるんです。それはどうしてか、実は配偶者貸し付けという制度があるためなんですね。

配偶者貸し付けというのは、収入が無い専業主婦でも借り入れできるように配慮された制度で、総量規制の例外というものですね。配偶者との収入を合算した年収の3分の1までの借り入れが可能となっていますから、銀行カードローンだけではなく消費者金融や信販会社のカードローンも利用することが出来るんですよ。ただし、配偶者貸し付けを利用するためには配偶者の同意書と婚姻関係を示す書類、収入証明書を提出しなければいけないこともあります。事前に確認しておきましょう。

配偶者貸付制度はありますが、専業主婦はどこのカードローンも利用できるわけではありません。やはり専業主婦が利用出来るカードローンというのはリスクがあるので多くはないのが実情です。ですから、利用できるところを見つけた場合、きちんと安心して利用出来る所かどうかを確認しておくことも必要ですよ。(この記事もご参考に→みなと銀行カードローンは専業主婦も使える?

仕事がなくても大丈夫!専業主婦のカードローン

消費者金融会社では、なるべく信用してお金を貸してくれます。よって、成人であり過去に金融事故を起こしていなければ、大抵の人は契約することができます。個人の事情によって、借り入れることができる限度額は違いますが、少額であれ借り入れることはできます。一般的に借り入れられる額が大きいのは、公務員や安定している大企業の正社員です。公務員は職場が潰れる心配はなく、大企業も殆ど倒産の可能性が低いです。よって、その職場を辞めない限りは毎月安定した収入を得られるので、信頼度が高いです。

反対に借りることができる額が少ないのは、アルバイトやパート又は、専業主婦などです。それは、収入が少ないことと、自分に収入がないことなどが原因です。(こちらも参考になります→主婦だと審査に通らない?)しかし、専業主婦のようにまったく収入がない場合でも、借り入れることができる消費者金融会社というのは、非常に善良な会社です。銀行では、絶対に専業主婦には貸してくれません。銀行では、非常に審査が厳しいので、そんなに簡単にはいきません。

消費者金融会社では、非常に消費者のことを考えているため、主婦が自分の小遣いとして使えるカードローンの契約も審査で通しています。ただし、これは夫が正社員でしっかり働いていない場合は、審査自体通りません。夫が正社員として働いている場合のみです。結婚をして、自分のために使うお金がある人は問題ありませんが、専業主婦となると、なかなか家計的にも苦しくなります。よって、自身の美容のためにマッサージに行ったり、好きな洋服やバッグを買ったり、好きな映画を見たりと、遊ぶためのお金が欲しいものです。

消費者金融会社のカードローンはそのような夢を叶えてくれます。少額であれば、毎月の負担額も数千円で大した金額ではないので、少額の借り入れは夫も理解してくれます。特に、夏のバーゲンや年明けのバーゲンは、割り引き率が高いので、カードローンを使って、安い時期に購入することも主婦の知恵です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.