主婦が作るカードローンはどういう条件?

キャッシングベスト3

主婦が作るカードローンはどういう条件になっていますか?

主婦が作るカードローンはどういう条件になっていますか?一応パートはしてるんですが、今のお給料だけだと月によって厳しいときがあるんです。

厳しいときだけでいいのでカードローンでお金を借りれたらって思ったのですが、主婦だと何か条件が変わったりしますか?

カードローンを利用するとき借り入れ上限額が決まってることが!

主婦ということですがパートをしてらっしゃるので毎月一定の収入があるということですよね。それからカードローンを申し込むことはできます。(こちらもご参考に→銀行カードローンを作る時のリスクとメリット)主婦でもパートをして収入があればカードローンの申し込み条件をクリアするのです。ただ、パートやアルバイト収入の場合は借り入れできる上限額が決まってることがあります。

通常は最大300万円まで借りれるはずのカードローンで、パートやアルバイトの場合は最大30万円まで、という縛りが設定されていることがあるんです。パートやアルバイトの収入が正社員と比べたときに低く、不安定であるという考えからですね。パートやアルバイトでも同条件で融資してくれるカードローンも当然ありますから、これは商品内容を確認しておくべきでしょう。

主婦でも専業主婦でまったく収入がない場合、また状況が違ってきます。専業主婦でも利用できるカードローンのほとんどが銀行のカードローンで、上限額も10万円程度と低いものになっていることが多く見られます。専業主婦である申し込み者自身に収入がないという点がネックになるんですね。配偶者の収入から返済できるということで審査をしますから、配偶者の収入証明書を提出する、同意書を提出する、なんてこともあります。確実に返せるだろう金額が最初の限度額に設定されますから、低めになってしまうことも多いです。そこは知っておいてくださいね。
(⇒もし専業主婦がカードローン返済できなくなったら

【参考ページはこちら】
カードローンの限度額引き上げ方法

主婦が作るカードローン、裏技を教えます!

カードローンでお金を借りる際に、立ちはだかるのは審査の壁です。収入証明や勤務先への在籍確認電話などで借り入れる人に返済能力があるかを確認されます。働いていない主婦の場合は、夫の収入証明や同意書が必要とされています。個人の借り入れの場合、年間の収入の3分の1を超える借り入れについては総量規制という制限がかかります。これは2010年に施行された貸金業法に基づくものです。無制限に借り入れが出来る状態では借金の返済のために借金を重ねるという悪循環が生まれてしまいます。総量規制はそういった悪循環を改善するために導入されましたが、これによって仕事を持たない人の借り入れにはクリアすべき条件がつくようになりました。

では主婦は簡単にカードローンを作れないのかというと、実はそんなことはないのです。先に挙げた総量規制が定められている賃金業法、賃金業法に基づいて営業しているのは消費者金融です。かたや銀行は銀行法に基いて営業しています。つまり、銀行系カードローンは総量規制の対象外なのです。しかも大手銀行のカードローンは専業主婦をターゲットにして借入枠を少額に抑えてあるものが多く、自分の身分証明書があれば収入証明がなくても借り入れが出来るのです。

毎月一生懸命やりくりしても少しだけ足りない、旦那様のお給料日までの数日の間少しだけ借りたい、このように主婦が作るカードローンは高額な借り入れではない場合が多いでしょう。旦那様に内緒で少額の借り入れをしたいなら迷わず銀行系カードローンを選びましょう。大手銀行という安心感もありますし、普段から利用している銀行であれば初めての借り入れの不安も軽減されます。即日審査・即日融資が可能な銀行もあるため、少ない額を一時的に借りてやりくりしたい主婦にはぴったりです。突然の出費で家計が苦しくなったときに頼れるカードローンがあれば、気持ちにゆとりを持てるため家族円満の秘訣とも言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.