みずほ銀行のカードローン、専業主婦は可?

キャッシングベスト3

みずほ銀行のカードローン、専業主婦は利用できますか

みずほ銀行のカードローンは金利が低いって聞いたんですけど専業主婦も利用できますか。もし利用出来たとして、専業主婦だからっていう事で利用が限られることってありますか。

収入があって利用出来るものだって思っていましたが、もし今の状況でもお金を借りる方法があれば利用してみたいんです。

みずほ銀行カードローン、専業主婦の限度額は最大30万円

みずほ銀行のカードローンは専業主婦で申し込み者本人に収入は無くても、配偶者に安定かつ継続した収入があるという事を条件に申し込むことが出来るようになっています。ただし、みずほ銀行のカードローン限度額は最大で1000万円なのですが、本人に収入が無い場合は最大30万円までという限度額設定になってしまうんです。つまり、どんなに借り入れを希望しても30万円までしか借りることが出来ないんですね。

30万円あれば十分だと思うかもしれませんが、最大30万円ということなので最初から30万円が設定されるわけではありません。少ない限度額からスタートし、増額申請をして限度額を上げていくことになります。物足りないと感じることもあるかもしれませんが、自分に収入が無いのに利用出来るということだけでも十分メリットがあると捉えるようにしておきたいですね。金利は100万円までの限度額設定は年利14.0%となっていますからサラ金と比べるとだいぶお得です。それもメリットですね。ただし、この金利は変動金利で情勢によって変わりますから注意しておきましょう。(こちらも参考に→銀行カードローンのメリット・デメリット

専業主婦でも借りられるみずほ銀行カードローン

収入のない専業主婦はカードローンの審査を通らず借り入れができないと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、銀行のカードローンであれば借り入れが可能です。そもそも、現在のように審査が厳しくなったのは、1990年に借入の規制をする「総量規制」という行政指導があったからです。これは、当時の大蔵省が、借金の返済ができない人が多くなっていることから、金融機関に対し、個人の借り入れを収入の3分の1までに制限して借りすぎが起こらないようにするために行った行政指導のことです。本来は、この総量規制で配偶者の年収と合わせた年収で主婦も借り入れできるはずなのですが、銀行以外の金融会社では専業主婦は借り入れできないとしているところがほとんどで審査で落とされてしまうのが現状です。
(⇒主婦が作るカードローンの条件

しかし、銀行カードローンはもともとこの総量規制の対象外となっているのです。専業主婦も配偶者の同意書が不要で、自分の身分証のみで借り入れをすることができるところが魅力です。代表的な銀行系のものに、みずほ銀行カードローンがあります。誰もが知っているメガバンクなので、初めての借り入れでも安心できます。専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、本人は無収入でも借り入れが可能です。借入額は、10万円、20万円、30万円コースが選べ、額はそれほど多くはないかもしれませんが、一時的に不足したお金を補填するには十分な金額と言えるでしょう。

さらにこちらのメリットとして、最短で即日の審査が可能なことがあげられます。急にお金が必要になった時に対応できる即日審査は専業主婦にとっては嬉しいポイントです。実際の融資までの日数も2、3営業日後とスピーディで、銀行系は時間がかかるというイメージを払拭してくれます。また、業界内でも金利の低さはトップクラスで借り入れしやすくなっています。メリットの多いみずほ銀行カードローンは、知名度からもサービス内容からも初めて利用する人にマッチしたものであると言えるのではないでしょうか。
(⇒銀行系カードローンを使ってる主婦はいる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.