銀行カードローンパートの必要書類って?

キャッシングベスト3

銀行カードローンパートが申し込むために必要なものは?

銀行カードローンパートが申し込むために必要なものは?教えてください。面倒なものがあれば早めに準備したいし、簡単に用意できるものならすぐに申し込んでみようと思います。

カードローン申し込みには身分証明書が必要です

銀行カードローンだけじゃなくてカードローンを申し込むときに必要になるのは身分証明書です。申し込んだ人の氏名住所を確認することは当然ですからね。借り逃げされたら困りますから、何かトラブルが起きたときに所在を確認する手段にもなります。身分証明書は運転免許証がメジャーですが、健康保険証やパスポート、住民基本台帳でもOKです。何かは提出しなきゃいけませんが、普段手元にあるか持ち歩いてる、所在がはっきりわかっているようなものばかりでしょうから、用意が大変ということはないでしょう。

あとは収入を証明する書類を提出する場合があります。これは申し込む銀行によって、提出不要なところ、いくら以上の限度額希望時には提出するところ、必ず提出するところがあります。利用を考えている銀行に確認した方がいいですね。

収入証明書が必要な場合、確実なのは源泉徴収票です。源泉徴収票は勤務先が発行しますから、定期的にもらってない場合は経理などの担当部署に申請しなければいけません。他にも住民税決定通知書や確定申告書がありますが、手元になければ課税証明書を役所に申請して入手するようにしましょう。役所の開いている時間帯に申請に行くといった手間がかかりますね。銀行によっては給与明細書で対応してくれるところもありますから、どういう書類が認めてもらえるのかは確認しておきたいですね。

【参考ページ】
銀行カードローンの審査に通過できるのはどんな人?

銀行カードローンパートを利用したい

パートで勤務をしている方は、急な出費に対応が出来るので、カードローンを利用したいと考えている方が増えています。銀行は、消費者金融などの貸金業者とは違って、低金利で利用できるのが大きな特徴になっています。現代は、パートやアルバイトの方にも融資が利用できる銀行が増えているので、審査を受けてみると良いでしょう。(こちらも参考に→パート・アルバイトでも銀行カードローンは通れる?)仮審査に受かると、ほとんどの場合は本審査に受かることが出来ます。返済能力を審査されますが、固定電話を持っていたり、持ち家を持たれている場合は、金融機関の信用が高いため、利用がしやすくなっています。

銀行カードローンパートを利用したい場合は、インターネットを利用すると24時間審査を受けることができます。銀行は、審査から融資までのスピードが遅いというイメージがありますが、最短で即日融資が受けられる銀行も増えています。インターネットを利用して申し込むと、外出をする必要がありませんし、審査結果も短時間で知ることができます。自動契約機に行くと、すぐにカードを発行してもらえるので、提携銀行やコンビニATMから時間外でも融資が受けられます。銀行口座の残高が足りない場合は、電話やインターネットで依頼しておくと、指定の銀行口座にお金を振り込んでもらえます。平日の場合は、即日融資が受けられる場合が多いですが、土日の場合は窓口が休んでいるので、振り込みが月曜日以降になる場合があるので、注意をするようにして下さい。

休日にお金が必要になることが意外と多いので、平日にカードを発行してもらっておくと便利です。パートの場合は、正社員に比べると利用限度額が低い場合が多いですが、小口の融資を利用したい時は本当に便利です。支払いは基本的に月一回になっていますが、窓口で手続きをしておくと、自動引き落としも利用することができます。自動引き落としを利用すると、返済をするのを忘れる心配がないので、活用するようにしたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.