パートアルバイトでも貸してもらえ?カードローンは利用できる?

自分は今アルバイトしてるんですけど、パートアルバイトでも貸してもらえ?カードローンがあるって聞きました。カードローンってお金を借りる借金のことですよね?

カードローンは申し込むときに社員じゃなくても大丈夫ってことでいいってことだと思うんですけど、それ本当ですか?もし本当なら申し込んでみたいです。

カードローンはパートアルバイトを対象としたものもある!

カードローンは正社員を対象としたお金の貸し付け商品ではありません。もちろん、カードローンによっては年収300万円以上必要なんていう商品もありますけどね。それは借りられる金額が最大で数百万円っていうでっかいカードローンなので、普通に生活費とか娯楽費で借りようっていうときには使わない商品でしょう。

普通に1万円から貸付可能!っていうカードローンはパートアルバイトの人も対象としています。ちゃんと収入さえあれば利用を認められます。アルバイトをしているということなので、銀行のカードローンでも消費者金融のカードローンでも申し込めると思いますよ。

ただ、消費者金融のカードローンだと希望する金額を法的に借りることが出来ないことがあります。消費者金融を利用できる金額って上限が個人で決められているんですよ。年収の3分の1までって聞いたことありませんか?これは総量規制って言うんですけど、この金額を超えて借りることは出来ないので、この上限金額より少ない金額が借入可能金額として設定されることになります。自分がいくらまで利用できる可能性があるのか、年収からおおよその目安を知っておくと良いですね。

【参考ページ】
バイトしたてでもカードローンは使える?

パートアルバイトでも貸してもらえる?カードローンはあります

パートアルバイトでも貸してもらえる?カードローンが増えています。以前のカードローンは定期収入があること、給料制もしくは、役員報酬がある場合など、パート・アルバイトでは借りられない事が多かったのですが、現在では、複数の金融会社がパート・アルバイト向けのカードローンを複数用意しています。(こちらをご参考ください→パートの人でも申込めるカードローン)パート・アルバイト向けのカードローンの特徴としては、申し込みやすい事です。所得については、所得証明書を提出する必用があるカードローンもありますが、パート・アルバイト向けの場合は自主申告のみで審査を行う場合が多いようです。

また、ある一定の年収があり、他からの借り入れが少なければ審査は通っているようです。一定の収入については、パート・アルバイトの場合は収入が安定しない場合もありますが、そのような場合でも収入は年間もしくは数ヶ月での平均月収から審査を受けられるカードローンも増えており、正規雇用が厳しいご時世でもありますので、非正規雇用の方やパート・アルバイトの方にはうれしいカードローンとなっています。パート・アルバイト向けのカードローンではありますが、使い勝手としては一般向けのカードローンと変わりません。違う点は貸出限度額が低く設定されている点です。現金の貸出は法律で総収入の一定額までと決まっており、パート・アルバイトの方も同様に制限があります。

また、不定期の収入になってしまう場合もあるため、法律では許される金額まで借りられないことも多いようです。それでも、まったく借りられなかった数年前に比べればだいぶ緩和されていると思います。パート・アルバイト向けカードローンをオススメする理由としては、申し込みやすくなった以外に金融機関向けの実績作りにもなる点です。将来的に住宅ローンや車のローンを組みたいと考えている場合には、カードローンを借りて返すという実績はとても重要になります。パート・アルバイトだから借りられないと考えず、カードローンの少額融資を利用して金融機関向けの実績をしっかり作っていくと将来的に大きなローンを組む時に有利になることが多いようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.