アルバイトはカードローン保証人必要なんでしょうか

カードローンって保証人不要で大丈夫って聞いたんですけど、それは正社員の場合だけですか?アルバイトはカードローン保証人必要とかありますか?

アルバイトって正社員と比べると給料が少ないし不安定なので保証人が必要って言われても「あー仕方ないな」とか思うんですけど、保証人って簡単にお願いできないですよね?カードローン使いたいんですけど保証人どうしようかって考えると頭が痛いです。

カードローンは誰が申し込んでも保証人不要です

確かにアルバイトは収入の面で不安定なことがありますけど、カードローンっていうのは保証人と担保不要で誰でも借りれる少額ローンです。つまり、アルバイトだろ打と正社員だろうとパートだろうと、どんな勤務形態でも保証人を準備する必要は無いんです。アルバイトのあなたも保証人不要で申し込み、利用することが出来ますよ。

カードローンが保証人不要となっているのは、申し込んだ人を信用してお金を貸すためです。信用貸しと言えば分かりますか?申し込んだ人の信用が担保になってる感じですね。その信用を判断するために行われるのが審査です。担保とか保証人が無いっていう事は、返済してもらえなくなったときに代わりに返済してくれる人や売却できる資産がないので、カードローン会社は貸した分だけ損をすることになります。だからしっかり審査をするんですね。

ただ、最近のカードローンは多くの場合保証会社をつけています。保証会社っていうのは、保証料を支払う事でもし返済できなくなった時にカードローン会社に代わりに返済してくれるという会社です。ただし、カードローン会社への返済がなくなるだけで、申し込み者は保証会社に返済する義務があります。どうしても返済出来ない時は債務整理をするしかないんです。ちゃんと返済できる金額だけ借りるようにすべきですね。

アルバイトはカードローン保証人必要なのかと言うとそうではない

住宅ローン等のローンを契約する際には、保証人が必要となりますが、カードローンは誰が契約しても保証人が必要となることはありません。カードローンは、契約者の信用力のみによってお金を貸し出す金融商品ですので、融資を受ける際に保証人や担保と言ったものは一切不要なのです。従って、アルバイトはカードローン保証人必要と言うことはないのです。アルバイトだけではなく、パートで働いている主婦の方など、収入がある人は保証人なしでカードローンを契約し、利用することができます。つまり、誰かに保証人をお願いしたり、お金を借りるために何か担保となるものを用意する必要なく、お金を借りることができるのです。
(⇒パートの人でも申込めるカードローン

お金を借り入れるにあたって、保証人が必要ないことは大変に便利なことです。誰だって、他人の借金の肩代わりをしたくはありませんので、保証人になってくれる人は少ないからです。特にアルバイトと言うのは、正社員とは違って雇用されているとはいえ、その立場は不安定なものです。しかも、正社員と比べると給料も安いし、失業保険なども加入できない場合が多いのです。そのような人が借金をするからと言って保証人になってくれる人は、なおのこと少なくなります。カードローンならば、それでも保証人を立てずに融資を受けることができるのですから、大変に便利な金融商品です。例えばある月に一時的に出費がかさんでしまい、次の給料までのやりくりがつかない時などは、カードローンを契約しておけば、すぐにお金を用意することができますので、給料日までお金が足りなくて困ることもありません。

しかし、気を付けておかなければならないのは、保証人を立てずに自分の信用力だけでお金を借り入れしている以上、何かあった時はすべて自分で責任をとらなければならないということです。返済は、期日に遅れることなく契約通りにしなければなりませんし、借り過ぎてしまって返済額が自分の返済能力を超えてしまっても、誰も助けてはくれないのです。もっとも、そのような状況になりそうな場合には、金融会社の方が危険だと判断してお金を貸してくれませんが。保証人が不要と言うことは、自分一人で計画的にカードローンを利用しなければならないということも意味していることを忘れてはなりません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.