詳細でゆうちょカードローン保証会社が気になっている

ゆうちょカードローン保証会社ですが、保証会社というのは審査では厳しい対応をされるものでしょうか?複数のカードローンありの状態で100万円ほどの借金なのですが、審査については受からない状況となっています。

複数のカードローンが問題という可能性があります

ゆうちょカードローンでもそうですが、保証会社については「ノウハウがある金融業者」が選ばれるようになっています。これは厳しくふるいに掛けるようにして審査落ちにしてしまおう・・・という狙いのものではありません。そうではなく、本来は「ノウハウがあるので多数の人に借りてもらえる」という狙いで、保証会社が別の銀行やサラリーマン金融などであったりするのです。

UFJカードローンの場合にはアコムがノウハウがあるという点でグループを形成しておりますが、ゆうちょカードローンについては男女に関係なく借入をしてもらう為に保証会社が別で用意されています。また、今回の審査落ちについてですが「借入件数」ではなく、「借入の金額が問題」となっている可能性があります。例えば、どこかのカードローンで借りすぎている状態となっていませんでしょうか?

具体的には、総量規制が掛かっているサラリーマン金融などで50万円以上も借りているというケースです。総量規制について知られていない場合、過去から現代に続いて借りているケースでは、借入金額が多いままでカードローンされている人もいます。そのようなケースでは、借入先に連絡・相談をされるだけで「借入限度額を減らしてくれる」ようになっておりますので、そのような方法でゆうちょカードローン保証会社からも評価される借方をしてみると良いように思われます。

ゆうちょカードローン保証会社について

ゆうちょ銀行は二皆さんなじみ深い郵便サービスを運営する郵便局が経営する銀行業務です。ゆうちょ銀行は昔は国営企業でしたが数年前に民営化することになり、その業務にもいろいろと自由になってきましたので、そのカードローンも一般企業と同様に融資を受けることができますし、昔からなじみのある企業ですので違法な取り立てや金利を請求されることはなく、また利用店舗も昔から一緒ですので安心して利用し続けることができます。

ゆうちょ銀行のカードローンはスルガ銀行と提携して行っているカードローン「したく」というものです。ここではこのカードローンに申し込む際の流れについて説明します。まず申し込みを行う際は郵便局はもちろんスルガ銀行でも当然行えますし、インターネットや電話で行うこともできますので非常に簡単に申し込むことができます。こちらへ申し込む際の条件は20歳以上69歳以下のかたで、安定した収入のある方となっています。ここでの安定した収入とは公務員や大企業に就職していることだけを指すのではなく、パートやアルバイトという短期の仕事でも継続して行っていればこの申し込み条件をクリアするものと考えられています。

申し込みを行った後、仮審査、本審査と続いていくことになりますが、この審査はゆうちょ銀行と保証会社であるスルガ銀行が行います。ゆうちょカードローン保証会社は借主が債務を返済しなかった場合に借主に代わってゆうちょ銀行に対して返済を行い、保証会社のほうから今後は借主に融資をしたお金の返済を請求するというものです。そのためカードローンに申し込む際にはこの保証会社についてもしっかりと調べてから申し込まないといけません。それは実際に返済を請求してくるのはこの保証会社であるために保証会社が怪しいところであれば、その厳しい取り立てに皿漁れてしまうかもしれないためです。郵貯カードローンはこのように利用しやすいカードローンなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.