主婦の私でもゆうちょのカードローンなら返済が可能と聞きました

主婦として無収入の状態なのですが、そんな私でもゆうちょのカードローンであれば返済も可能と聞きました。実際に、ゆうちょのカードローンは専業主婦でも借りられるものなのでしょうか?

借入・返済がゆうちょのカードローンでは可能です

無収入であっても、条件つきであればゆうちょのカードローンは審査通過となります。銀行では、そのようなサービスもされておりますので、専業主婦だけでなく単純に無収入に陥っている人が利用するケースもあります。具体的には、生活保護受給者であったり、もしくは失業などで給付金の生活を送っている人がそうです。
(⇒主婦がカードローンを作るための条件

また、このようなサービスについてはゆうちょのカードローンだけではなく、サラリーマン金融では昔から行われているサービスです。なので、長年のノウハウがすでにあるようなジャンルとなっておりますので、ゆうちょのカードローンであってもプランニングでおかしい状態になるということはなかったりもします。それと、無収入であっても借りられる金額については少なくもありません。

大事なのは、ゆうちょのカードローン側の条件を守って返済をするかどうかだけです。こちらについては、人によってゆうちょのカードローン返済方法が変わってくるようになっているので、返済についても人によっては長期保証で安心して返せるようになっています。特にカードローンについては、ゆうちょのカードローンであれば通常より低い金額で安心して返済ができるようになっています。

毎月1日までに返済をするゆうちょ銀行のカードローン

ゆうちょ銀行単独のカードローンサービスは提供していませんが、以前から提携している銀行のカードローンの申込受付を、複数の店舗もしくはゆうちょ銀行のウェブサイトから行っています。そのため、返済においても郵便局内に設置されているATMで行うことができ、毎月1日までに借入残高に応じて規定の金額を入金することになります。ATMが置かれている郵便局は各地にありますので、返済しやすいことが、ゆうちょ銀行でカードローンを申込む魅力の一つとなっています。

まず、返済の期日ですが19日までに借入れをしたお金を20日以降翌月1日までに専用ローンカードを用いてATMで入金することになりまして、20日以降に借りたお金は翌月の20日からが入金開始日です。入金する金額については、返済をする日の借入残高によって変わってきます。たとえば10万円超から20万円までであれば、毎月6000円以上を返していかなければなりません。カードローンの融資限度額となっている500万円ギリギリまで借りているのであれば毎月10万円以上となります。

ただし、ここでポイントになるのが借入残高が1000円未満となった場合です。規定により1000円未満の借入れに利息はかかりませんが、ゆうちょ銀行のATMでは1000円未満の処理ができないことになっていますので、提携している銀行の硬貨対応ATMから完済をするか、もしくは金融機関から振り込みをしなければなりません。振込手数料は負担することになりますので、計画的に完済を目指していくことが大切なのです。

ゆうちょ銀行のATMでお金を返すにあたっては手数料は無料となっていますので、利用者が負担をする必要はありません。そのほか、提携している銀行のATMでも同じく無料となっています。また、利息の負担を少しでも減らすために大きな収入があった場合は一括で返済することも可能ですので、条件を満たしているかどうかを確認してから実行にうつします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.