三井住友銀行カードローンを全額返済すると

キャッシングベスト3

三井住友銀行カードローンは全額返済したらどうなるの?

三井住友銀行カードローンを使おうかと思ってるんですけど、これって全額返済したらどうなるの?また新しく借り入れをするには、申し込みからしないといけないのでしょうか?

三井住友銀行カードローンは、返済した時点でその分をまた借入できます

ふむ、三井住友銀行カードローンを利用しようと思っているのじゃな。全額返済したらどうなるか…ということじゃが、この三井住友銀行カードローンの場合は、返済したらした分だけ利用額が戻るため再び借り入れができるようになるぞ。改めて申し込みをする必要などは特になく、ATMや無人契約機などでカードを使い、借り入れをすればよいのじゃ。借り入れした金額が30万円であり、利息も含めて全額返済した場合は、利用可能額が30万円戻るということじゃな。全額でなくても、5万円返済すれば、新たに5万円借り入れができるようになるということじゃ。

これをリボルビング払い方式という。「リボ払い」という言葉は、一度はどこかで聞いたことがあるのではなかろうか?利用限度額の範囲内であれば、自由に借り入れと返済ができるというシステムじゃな。いくら利用しても、返済さえすればすぐに借り入れができるようになるため、このシステムをうまく利用する事が重要じゃ。お金に余裕がある時などには、多めに返済をしておくと良いじゃろう。そうすれば利用可能額が回復するため、いざという時に備えておくことができる。(こちらも参考に→カードローンの一括返済をしたい場合

三井住友銀行カードローンでは、毎月決められた金額を返済していく「約定返済」と、自身の好きなタイミングで返済できる臨時返済とがある。この2つの返済方法とシステムをうまく利用して、上手にカードローンを使いこなすのじゃ。

三井住友銀行カードローン全額返済で利息が減額

三井住友銀行カードローン全額返済を利用すると、ただでさえ金利が低いこちらのカードローンの利息を大幅にカットすることができます。元々、カードローンやキャッシングと言った類の無担保の融資は、使い道が自由で保証人や不動産などの担保提供の必要がなく、使い勝手がよいものとなっています。その反面、貸し倒れを防ぐために金利が高くなっていますので、きほんてきには短期間の借入れをした後で、一括返済するのが理想と言われています。

しかし実際問題としては、カードローンやキャッシングは自由に追加借り入れができますし、毎月の約定返済額も非常に少なくなっていますので、つい楽をするために限度額一杯まで借入れをした上、約定返済額のみしか入金しないというケースが多くなります。カードローン等の返済方式というのは残高スライドリボルビング払いといって、借り入れ元本に応じて毎月決められた金額を返済していく方法になっています。この場合、借入額が増えるほど、返済当初の利息の割合が非常に大きくなり、元本がなかなか減らないため、毎月の返済額は大きな変動がありませんが、完済するまでに何年もかかるというリスクがあります。50万円程度のお金を借りた場合には、5年以上かけて返済するというケースもありえます。

しかし、三井住友銀行のカードローンのように金利の低いところをあらかじめ選んでおくと、利息の支払額が減りますので、結果的に元本の返済スピードが早くなります。また、手続きや費用の支払いなしに一括で返済ができますので、資金に余裕ができたときにまとめて全額返済すると、その日以降の利息は支払わなくてもよくなりますので大幅なカットになります。カードローンの利息は日割り計算していますので、極端な話、借り入れをしたその日に全額返済すると、利息は一切つきません。そのため、キャッシュカードの手数料を払うよりも、カードローンを利用した方が安く済む場合もあります。
(⇒銀行のカードローンは利息が低い?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.